ピクシブ百科事典

概要

石炭紀後期~ペルム紀前期の北米に生息していた分椎類
学名の意味は「のばされた顔」を意味する。
を出すことができたとされる最古級の動物と言われる。

全長は約2m。
顎骨や口蓋に鋭いが見られ、や他の両生類捕食する肉食動物と推定される。
大柄な体格や体の横から出た短い手足などから陸上で長期間活動することは少なかったとされるが、一方で固い胴体や尾を持っていたため水泳は得意ではなかった模様。
基本的にのような環境で水に浸かって生活していたか、ツノガエルのようにに埋まって生活していたと考えられている。

1941年にはミイラ状態で保存されていた化石から皮膚の様子が明らかとなった。生存時の皮膚は楕円形の隆起のパターンで覆われていたらしい。

関連タグ

両生類

関連記事

親記事

分椎類 ぶんついるい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「エリオプス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1

コメント