ピクシブ百科事典

洗礼詠唱

せんれいえいしょう

洗礼詠唱とは、TYPE-MOONによって展開される『Fateシリーズ』にて行われる魔術儀式。
目次[非表示]

概要

Fateシリーズ』における、聖堂教会代行者が習得し行える簡易魔術儀式の一つ。
主の教えに基づき、迷えし魂をあるべき『座』へと還らせる。物理的な干渉はほぼ無意味であるが、人あらざる存在、主に霊体などへは絶大な効果を与える。また、呪いを解く効果があることも知られている。
聖堂教会で公的に取得を許された唯一の魔術であり、聖堂教会の信仰に基づく人類最大の魔術基盤を利用し、ただ力づくに周囲を浄化する。信仰というルールを押し付ける摂理の鍵そのもの。

作中では、『Fate/stay night』のとあるルートにて言峰綺礼間桐臓硯へ、『Fate/Apocrypha』にてシロウ・コトミネが吸血鬼と化した黒のランサーへと告げられている。

その他、ロード・エルメロイⅡ世の事件簿に登場する司祭、フェルナンドも代行者ではない非戦闘員でありながら洗礼詠唱は取得しているが、その文言は言峰綺礼シロウ・コトミネのそれとは別物となっている。

詠唱

言峰綺礼 シロウ・コトミネver.

私が殺す。 私が生かす。 私が傷つけ私が癒す。 我が手を逃れうる者は一人もいない。 我が目の届かぬ者は一人もいない。

打ち砕かれよ。
敗れたもの、老いた者を私が招く。 私に委ね、私に学び、私に従え。
休息を。 唄を忘れず、祈りを忘れず、私を忘れず、私は軽く、あらゆる重みを忘れさせる。

装うことなかれ。
許しには報復を、信頼には裏切りを、希望には絶望を、光あるものには闇を、生あるものには暗い死を。

休息は私の手に。 貴方の罪に油を注ぎ印を記そう。
永遠の命は、死の中でこそ、与えられる。


────許しはここに 受肉した私が誓う。

    キリエ・エレイソン
『────“この魂に憐れみを”』

フェルナンドver.

もろもろの民よ、これを聞け。
すべて世に住む者よ、耳を傾けよ。
低きも高きも、富めるも貧しきも、共に耳を傾けよ

まことに人はだれも自分をあがなうことはできない。
そのいのちの価(あたい)を支払うことなどできはしない

たとえ彼らがその地を自分の名をもって呼ぼうとも、
墓こそ彼らのとこしえのすまい、世々彼らのすみかである。
人は栄華のうちに永くすまうことはかなわぬ

───滅びさる獣に等しく

余談

Fate/Apocryphaにて、ルーラーが宝具展開時に告げている言葉も洗礼詠唱の一つなのだが、その詠唱は全く違う言葉となっている。
また、フェルナンドの詠唱もまた全くの別物であることから、洗礼詠唱は使い手によって詠唱の文言が異なるのでは?と考えられる。

関連動画



関連タグ

Fate/staynight Fate/Apocrypha ロード・エルメロイⅡ世の事件簿
TYPE-MOON 聖堂教会 代行者 詠唱 聖典

使用者
言峰綺礼 シロウ・コトミネ
エレナ・ブラヴァツキー:設定上は使える。

関連記事

親記事

聖堂教会 せいどうきょうかい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「洗礼詠唱」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4633

コメント