ピクシブ百科事典

ちからずく

ちからずく

ちからずくとは、ゲーム『ポケットモンスター』シリーズに登場する特性の一種である。
目次[非表示]

データ

初出第5世代
効果追加効果のある技の追加効果がなくなる代わりに威力が1.3倍になる。
英語名Sheer Force


概要

第5世代から存在する特性。ポケモンBW発売前にヒヒダルマと共に公開された。
技の追加効果を失う代わりに威力を1.3倍にするまさに「力こそパワー!」な特性。
勘違いされがちだが対象になるのは発動確率が設定されており、かつ自分に有利な追加効果がある技のみである。数値で示されているのならば100%でもOKである。
反動がある技や攻撃後に自分のステータスが低下するなど、こちらにデメリットがある技は対象にならない。
スケイルショットのようなメリット・デメリット両方を内包している技も対象外。
急所への命中は追加効果ではないので、これも対象外である。
また、ポケモン剣盾ダイマックスわざは追加効果があるにもかかわらずちからずくの効果対象外であることにも注意されたし。

よく間違えるが「ちからく」ではない。国語辞典にも「ちからずく」で載っている。

所有者は案外多く、通常特性ではドッコラー系統・ヒヒダルマクリムガンワシボン系統・メガバクーダゾウドウ系統が、
隠れ特性ではニドキングニドクインクラブ系統・ケンタロスワニノコ系統・ハガネールマクノシタ系統・クチートナックラータツベイズガイドス系統・ランドロス(化身)・ドデカバシが所有する。

効果をかなぐり捨ててダメージを重視する為、最初から追加効果を期待しないアタッカーと相性が良い。
例を挙げると、上記のヒヒダルマのフレアドライブは威力120×1.3(ちからずく)×1.5(タイプ一致)=234という不一致「だいばくはつ」に肉薄する威力が出せる。

追加効果のある技は特殊技が多く、高威力の物理技には追加効果が無い場合が目立つ。また、この特性を持つポケモンには物理が得意なポケモンが目立つ。一見噛み合ってないように思われるが、特殊技でも役割破壊には十分な火力になるので、敵の虚を突いたりできる。また、物理技の役割対象には特殊防御力が物理防御力よりも低いポケモンも目立つので、実際に使うと思わぬ火力が出る。

ただし、「ねこだまし」や「がんせきふうじ」などの追加効果までも打ち消してしまうのは注意。

特殊技も豊富なニドキング・ニドクインは、物理の方が種族値があるが、この特性により特殊型の方が主流である。

また、ちからずく対応技はいのちのたま」の反動を受けない。これはバグではなく公式公認の仕様と言い張っている。
理由は「いのちのたま」の効果がちからずくの処理の際に一緒に処理されてしまうからと考えられており、ちからずくに対応してない技の場合はダメージをしっかりと受ける。
同じ理由でちからずく対象の技では「かいがらのすず」の回復効果も消失し、対応していない技の場合のみ正しく機能する。
一方で「おうじゃのしるし」や「ぼうごパッド」、「のどスプレー(バークアウトなどが同時に満たせる)」あたりはちからずくが適用されてもしっかり発動するあたりやはりバグなのではなかろうか…。

また、相手の「だっしゅつボタン」・「レッドカード」・「アッキのみ」・「タラプのみ」の効果も消える。
これは、相手の技に効果を付加するアイテムとして扱われているからである。
(相手のアイテムで技に効果がつく→ちからずくで同時処理→結果発動しない)

命の珠だけでなく、じゃくてんほけんとの相性も悪くない。

余談

仕様上の関係なのか、特性適用技を使うとバクガメストラップシェルを無効化できる。

関連タグ

特性 いのちのたま ゴリ押し
ちからもち…似て非なる特性

関連記事

親記事

特性 とくせい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ちからずく」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17809

コメント