ピクシブ百科事典

アルドゥイン

あるどぅいん

オープンワールドRPG『The Elder Scrolls Ⅴ:Skyrim』に登場するドラゴン。 最凶最悪の竜王にして世界を喰らう者。
目次[非表示]

【注意】

この記事にはストーリー上のネタバレがある可能性があります。それでも良いという方はお読みください。

アルドゥイン (伝承)

ノルド神話伝承において、ノルド版アカトシュとされているドラゴン
世界を喰らう者World Eater)の異名を持つ。次の世界を作るために前の世界を破壊する存在として伝わっており、「創造主」でもあると同時に「終末を伝える者(破壊者)」でもあると認識されている。 (※1) (※2)

過去には竜教団に崇拝されていたが、長らく竜教団が非合法化されているため、アルドゥインを公然と崇拝する者はいないとされている。 (※3)

  1. 帝国大学のミカエル・カルクソル修道士著『帝国内の様々な宗派』
  2. 帝国大学 ミカエル・カルクソル修道士著『様々な宗派:ノルド』
  3. 帝国大学 ミカエル・カルクソル修道士著『様々な宗派:ノルド』


アルドゥイン (Skyrim)

Skyrim』において登場したドラゴン。突如としてスカイリム地方の町ヘルゲンに現れ町を襲撃崩壊させた。ウルフリック・ストームクロークの処刑に際して突然現れたので、その経緯については様々な憶測が乱れ飛んでいる。

このドラゴンの登場以降、第四紀のスカイリム地方の各地にドラゴンが現れては破壊の限りを尽くしていくようになり、スカイリムで「帝国」と「ストームクローク」の二大勢力による内戦不安定状態にあったスカイリムは、さらに混迷を深めていく事となった。


正体

その正体は、ドラゴンの父とされる竜神アカトシュが作り出したという、最初にして最強のドラゴン。シロディール語(英語)での表記は『Alduin』。

名前はドラゴン語

  • Al: 破壊者
  • Du: 喰らう
  • In: 支配者、王
を意味する。

ほぼ全てのドラゴンが忠誠を誓うドラゴンの王である。「世界を喰らう者」(World Eater)とも呼ばれ、伝説によればその名の通り世界を滅ぼす為に現れる竜ともされる。つまりはこの世界に生きる全ての人類にとって最凶天敵

その能力は他のドラゴンとは一線を画し、からを降らせ、あたりを濃霧に包み、死んだドラゴンを復活させるという、アルドゥイン専用のシャウトを使いこなす。また、定命概念を持たぬ不滅の存在であり、殺すこともできないという。

遥かな太古の時代に起こったとされる竜戦争で滅んだと思われていたが、実は星霜の書(Elder Scrolls)の力で一時的に別次元封印されていただけであり、星霜の書に示された予言どおり、長き封印から復活した。そしてかつての配下のドラゴン達を蘇らせて手駒を増やし、次々と各地を襲ってスカイリムを恐怖に陥れていく。

このアルドゥインこそがTES5 Skyrimのメインクエストルートにおけるラスボスである。


活動

『Skyrim』に登場。主人公の処刑の直前、突如としてヘルゲンの町に現れ、炎の雨を降らせてヘルゲンを壊滅に追い込む。ヘルゲンが滅んだ後は、ブリーク・フォール墓地の方向へと飛んでいった。

のちに伝説の存在ドヴァキンドラゴンボーン)として覚醒した主人公とブレイズの生き残りによる調査で、大昔のドラゴンが復活していることが突き止められる。ドヴァキンが見たのは、そのドラゴンたちを復活させているアルドゥインであった。
ドヴァキンがいることに気づいたアルドゥインは、ドラゴン語がわからないその定命の者を「ドヴァー(ドラゴン)を名乗るとは不届き」と吐き捨て、手下のドラゴンに始末を任せて去っていった。(※1)

しかし、かつて自身を封印するのに使われた星霜の書が世に解放されたことを感知するとドヴァキンを抹殺すべく「世界のノド」の頂上に姿を現す。しかし、再会するまでの間に場数を踏んで力をつけてきていたドヴァキンにより、星霜の書で過去の英雄たちから学んだシャウトを使われ、敗北することとなる。
さすがにドヴァキンの強さを認めざるを得なくなっていたアルドゥインは、このままでは勝てないとしてもっと力をつけるべく、ノルドたちの天国であるソブンガルデへと飛び立つ。

ソブンガルデにおいては霧を張り巡らせ、過去の英雄から内戦で失われた現代の兵士たちまで、霧に迷い込んだノルドたちの魂を貪り食うことによって力をつけようとしていた。

ドラゴンスレイヤー



しかし、ソブンガルデにまでドヴァキンは現れ、かつて自分を苦しめたノルドの英雄たちとともにアルドゥインを追ってきた。

実は、ドヴァキンとの戦いのシャウトは遥か遠くにまで伝わっており、他のドラゴンたちも世界のノドにおけるアルドゥイン敗北を知っていた。
自分たちドラゴンより下等で支配対象であったはずの定命の者に敗北したうえ逃げ出し更にはそれを隠蔽しようとしたことで、種族全体が強者至上主義であるドラゴンたちの間ではアルドゥインの支配者としての権威が失墜しており、すでに見限った一部のドラゴン達から勝者となったドヴァキンに助力する者まで現れるようになっていたのである。(※2)

ソブンガルデにおいてドヴァキンと再戦するアルドゥインだったが、前の戦いで弱体化しており、太古の英雄たちと共に戦うドヴァキンの手によって、今度こそ完全に討ち滅ぼされるのであった。

  1. サーロクニル(Skyrim)。この時サーロクニルとドラゴン語で話しているため、ドラゴン語が分かるユーザーなら何を話しているのかが分かる。
  2. オダハヴィーング(Skyrim)。ドヴァキンとの会話では「もはや奴は支配者の器ではない」とまで言い切られており、ソブンガルデに通じる遺跡スクルダフンのポータル近くではアルドゥインにはつかないがドヴァキンにつくわけでもない「中立派」のドラゴンが居る。

その他

【特殊な存在】

ちなみにSkyrimに登場するドラゴンの中では唯一、ドラゴンソウルが吸収できない存在であり、アルドゥインだけは体が天に昇っていく現象が起きている。ドヴァキン自身もソウルを吸収できなかったことを不思議に思っている。
グレイビアードによると「世界を喰らう者として再び次の"終末の時"に戻って来る可能性があるのではないか」としている。 (※1)

【未来の可能性】

アルドゥイン戦のあとには世界のノドにおいてドラゴンたちが集まっている。アルドゥインが死んだことを感じとっているものの、ドラゴンたちは「我らは自由だ」とドラゴン語で話しており、あくまでアルドゥインが最強だから従っていただけで、アルドゥインによる支配を喜んで受け入れていたわけでもなかったようである。

しかし、パーサーナックスが他のドラゴンたちを声の道に勧誘して大人しくさせようとすることを語っているが、オダハヴィーングからは「おそらく大半のドラゴンは従わないだろう」と否定されている。 (※2) (※3)

  1. アーンゲール(Skyrim)。ただしあくまで想像や推測。
  2. ドラゴンたちにとっては話す事と戦う事は同義であり、戦う事と支配する事は本能や性質そのものである。「声の道」に入れられる事を人間的に例えるならば、食う寝るヤるをぜんぶ否定されたうえ「神仏(神々)のために念仏(シャウト)唱えていれば幸せになれるよ」と、坊さんじみた事を強制されるのに等しいため。
  3. 上記の通り、ドラゴンは強者至上主義なので、パーサーナックス自身も過去に比べて大幅に力が衰えていることから、より強い他のドラゴン達は従わない可能性があるため。

関連イラスト

アルドゥイン
アルドゥインさん



関連タグ

The_Elder_Scrolls Skyrim ドヴァキン
ドラゴン

関連記事

親記事

スカイリム すかいりむ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「アルドゥイン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40547

コメント