ピクシブ百科事典

インペリアル(TES)

いんぺりある

ベセスダ・ソフトワークスが開発したコンピュータRPG『The Elder Scrolls』(TES)シリーズに登場する種族の一つ。
目次[非表示]

概要

Tamriel大陸中心部にある国際色豊かなCyrodiil地方出身の種族で、現在の帝国の人口の多数を占める。
キャラメイク時にプレイヤーキャラクターの種族として選択することも可能。
英語の綴りは「Imperial」。


種族

ローマ人をモデルとしており、高い教養を有し、貿易外交など知的な職業社会的に高い地位に従事する者も多い種族。社交的で優れた商才と弁舌を持つことからCyrodiil内外のあちこちの地域に多数分け入っている。

他種族に比べて突出した魔力や肉体的特徴は持ってはいないものの、総じてバランスの良い魔法適性と身体能力を持っているため、戦闘職であっても戦士や魔術師など様々な選択をとることができる。

いわゆる「普通の人間」ロールプレイ向きの種族である。

Cyrodiil地方の大陸中心に位置するという土地的事情から昔から近隣諸国と深い繋がりを持ち、様々な文化を受け入れ、融和して成長してきたという経緯があるため、種族的な信条として『平等』を何よりも尊ぶという文化がある。
そのため、他種族に対しても(若干、上から目線気味だが)平等な態度で接している。


文化

信仰がエドラ崇拝だったりデイドラ崇拝だったり八大神だったり九大神だったりと、割と変わりやすいところがある。というのも帝国は中心地であるため複数の国に狙われやすく、たびたび政変も起きているため。

第二紀においては、リーチ出身の皇帝によりデイドラ崇拝が公言されて帝国軍がデイドラ系魔法を使うようになっていたりする。 (※1) (※2)

また、第一帝国(第一紀)のころは八大神信仰だったが、第三帝国(第三紀)では初代皇帝であるタイバー・セプティムが「タロス」として神格化されたことで九大神に変わっている。

  1. 野望の炎のプレビュー:ブラック・ドレイクの邸宅 - TESO/ESO
  2. 『オブリビオンの門』のストーリーを紹介する新トレーラーが公開! - TESO/ESO


地理

インペリアルたちの故郷はタムリエル大陸の中心地シロディール(Cyrodiil)。シロディール内には白い石造りの遺跡が数多く残されている。
かつては自分たちを奴隷として支配していたエルフ種族アイレイドの土地だったが、第一紀初期に起きたアレッシアの反乱によりアイレイド文明が崩壊し建造物などをそのまま引き継ぐ形になった。

大陸中心地なだけあってそれぞれの街が国際色豊かであり、特に他国国境に近い街ほどその国の種族の人口比率が高い。
例えば、最南端の都市レヤウィン(Leyawin)はカジートの故郷エルスウェアとアルゴニアンの故郷ブラック・マーシュの間にあることからカジートやアルゴニアンが多く暮らしており、最北端の都市ブルーマ(Bruma)はノルドたちの故郷スカイリムに近いことからノルドが多く暮らしている。


歴史

かつては『アイレイド』と呼ばれる古代エルフ族の奴隷だったのだが、アレッシアという女性に率いられて反乱を起こす。英雄ペリナルの活躍により、アイレイドを追放してCyrodiilを征服したという建国伝説がある。 (※1)

その後、内乱と諸勢力の侵攻による混乱を経て、タイバー・セプティムが現在の帝国の初代皇帝として即位する。タイバー・セプティムはその後、戦争と和平を使い分けながらタムリエル大陸を統一するという偉業を成し遂げた。この為、作中で「インペリアル」という場合、帝国の民全般を指すのか、その中心であるCyrodiil地方の民を指すのかが文脈に依存するので要注意である。

TES5の時代に、古代エルフの末裔とされるハイエルフ(アルトマー)のサルモールという組織が率いるアルドメリ自治領が独立、帝国に侵攻して一時は帝都を陥落させるほどの大打撃を与えた。ノルドレッドガードの援軍によってこれをなんとか退けるも、白金条約という講和条約でさらに苦汁を飲むことになった。

まず、条約にはエルフ族にとって宿敵であるタイバー・セプティム(伝承ではノルドとされノルド風にはタロス)崇拝を禁止するという条項があった。ノルドにはタロス信仰が広まっていたため、この条項に反発する者たちがウルフリック・ストームクロークという指導者に率いられて独立戦争を起こした。それ故帝国の北方スカイリムでは、東部が帝国から離れてウルフリック率いるストームクロークに支配されている。また西方では、レッドガードの故郷Hammerfell地方は南部をアルドメリに割譲するという条項があったため、レッドガードも進駐してきたサルモールを追い出した上で帝国から独立してしまった。東方でもアルゴニアンがBlack Marsh地方からダークエルフ(ダンマー)の住むMorrowindを征服した上で帝国から独立している。このようにTES5の時代において、帝国は四方の離反という危機に晒されている。

  1. 実際のところは、アイレイド達も宗教や派閥などによる内戦があり、衰退していったところに乗じてうまくいっただけ、というのが真相のようである。


信仰

シロディールの信仰はもともと人間の帝国を最初に築いたといわれる聖アレッシアによって創設された。人間の信仰とエルフの信仰を習合させた「八大神」信仰が基本となっている。

後にタロスを加えた九大神信仰となった(TESシリーズは第一作目から第三紀なので最初から九大神)。

インペリアルの神々相当する他の神格説明
アカトシュ九大神信仰の主神。皇帝はアカトシュに祝福されし者ドラゴンボーン (ドヴァキン)が契約の儀式「ドラゴンファイアの儀式」を経ることによって帝位を継ぐしきたりになっている。 (※1) ​(※2)
ディベラ女性を尊ぶもの、芸術家や美学を尊ぶもの、性愛の指導を身上とするものなど、様々な分派がある美の女神。
アーケイ埋葬と葬儀の神。
ゼニタール労働と商業の神、商いの神。帝国内では「承認」や「中流貴族の神」となっている。
マーラ愛の女神、多産の女神でほぼ全ての宗派に存在する。帝国では「母神」とされている。宗派によってはアカトシュかロルカーンのどちらかと夫婦、もしくは両方の側室とされている。
ステンダール慈悲の神、正しき統治の神。初期のアルトマーの伝説では「人間たちの弁明者」とされている。
キナレス天空を司る神。ムンダスの次元を生み出すロルカーンの計画に最初に同意し、虚無の中に次元を作るための空間を確保したとする伝説がある。
ジュリアノスジュナール識見と論理の神、シロディールの文学、法学、歴史と矛盾の神。
シェザール
  • ロルカーン
「アルドメリと敵対する血に飢えた武将」だった神。第一帝国の政治的な配慮により「人間の全ての営みを助ける御霊」というマイルドな扱いに変えられた。 (※3)
タイバー・セプティムタロスシロディール第三帝国を建国した初代皇帝。北のスカイリムでは「タロス」で知られている。
モーハス「人類の初の吐息」「カイネの息吹」の異名を持ち、ノルドの女神カイネの息子とされているミノタウロス。「モーリアウス」「モリハウス」との表記も。聖アレッシアの仲間だったとも恋人だったとも伝わっている。
レマン「世慣れた神」の別名を持つ第二帝国の皇帝で文化的英雄神。ドラゴンボーンとしてタムリエルの東にあるアカヴィル大陸から侵略してきたアカヴィリたちを従え、モロウウィンドを除くタムリエル全土を征服したとされる。皇帝としての戴冠の儀式(ドラゴンファイアの儀式)を定めたのもレマン。

  1. ミカエル・カルクソル修道士著『帝国内の様々な宗派』
  2. 預言者 (ESO)
  3. フォースティラス・ジュニアス著『シェザールと神々』


関連タグ

The_Elder_Scrolls

関連記事

親記事

The_Elder_Scrolls じえるだーすくろーるず

兄弟記事

コメント