ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

七つある大罪の器のうち「悪食」を司る悪魔が宿っている。
器としての形はグラスであり、美しいと評されている。
ほんのり赤みがかかっている。

能力

容姿を美しいものに変え、食欲を異常なほど強くし、普通の食べ物から汚物までを食べれるようにもなる。
死者の蘇生やその操作も可能とし、戦力にもなり得る恐ろしい能力とも言える。
またグーラ病と呼ばれる病の元をつくることも出来るという。

グーラ病

元々はベルゼニアの風土病だったが後に各地域に拡散し、多くの人々に猛威を振るっていた病。
これにかかった者は食欲と味覚が異常になり、食べ物とは思えないものまで口にしたがり、やがて死に至らせる。
薬学に精通していたプエリック=ロクゼによって特効薬が開発され、猛威は収まることになる。

屍兵

グーラ病で命を落とした人間がグラスの力で蘇った死人。
しかしその姿は生前とは比べものにならないほどの白い肌を持ち、人を襲うこともある。
身体を損傷しても生き物の肉を喰らうとその傷を癒やすことや契約者の命令を聞くこともできるが、知性が無いため細かいことまでは出来ない。
また敵味方関係無く襲うこともあるという。

悪食の悪魔

赤い豚「バエム」の姿をしており、バニカ=コンチータの父親である先代領主にコンチータ家の悲劇をもたらした。
元はセカンドピリオドの住人でウラド=ツペルシというバイオテクノロジーの権威ともされた学者だったがバニカが彼を喰らったことで次の悪食の悪魔に成り代わられてしまう。
大食漢でもあったらしい。

関連記事

親記事

七つの大罪シリーズ関連キャラクター一覧 ななつのたいざいしりーずかんれんきゃらくたーいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「グラス・オブ・コンチータ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2

コメント