ピクシブ百科事典

概要

コアユとは琵琶湖に生息するアユの陸封型個体群の通称である。
漢字表記は小鮎、または湖鮎
生態は通常のアユと異なるが、別種でも亜種でも無く、あくまでも陸封型のアユである。
小さな頃は氷魚(ヒウオ)と呼ばれる。
通常30cm程に成長するアユと違い、10~15cm程にしか成長しない。
縄張り意識は強いが、群れで行動する事もある。
一生を淡水域で過ごし、産卵は琵琶湖に流れ込む河川で行われる。
通常の河川に放流されると、形態や生態が通常のアユと同一に変化する。
全国の河川に放流され、その場所のアユとの交雑による遺伝子汚染や、混入して生態系を破壊している事が問題になっている。
大阪府滝畑ダムでは外来種として定着している。
琵琶湖では大量に漁獲され食用に販売されるが、近年は数を減らしている。
ビワコオオナマズイワトコナマズギギハスなどの琵琶湖に生息する肉食魚の重要な餌資源となっている。
近年はブラックバスアメリカナマズなどの外来種にも捕食されてしまっている。

関連記事

親記事

アユ あゆ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「コアユ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 0

コメント