ピクシブ百科事典

目次[非表示]

カードテキスト

効果モンスター
星7/光属性/機械族/攻2500/守1900
相手が手札からモンスターを特殊召喚した時、このカードを手札から特殊召喚できる。

概要

漫画版遊戯王GXに登場したデュエルアカデミアの新米教師にして悪徳教師の龍牙が使用した最上級モンスター
彼の恐竜族デッキの中ではレベルも攻撃力も高い部類のモンスターであり、十代とのデュエルではエース級の活躍を見せた。その一方で撃破された際に「たかがサイバー・ダイナソーがやられたくらいだ」という発言もあり、果たして本当にエースと呼べるカードだったのかは不明。

能力はレベル7としては控えめで、正直なところモンスター2体をリリースしてでも通常召喚する価値があるとは言い難い。相手がモンスターを手札から特殊召喚した場合、それをトリガーにこのモンスターを自分の手札から特殊召喚できるという奇襲性が最大の武器であるが、それ以外の効果を持たないため、攻撃力2500を超えるモンスターが特殊召喚されてしまうと、せっかく特殊召喚してもそのまま戦闘破壊されてしまう。「手札からの特殊召喚」に限定されてしまっている点も、手札を捨てるコストはやや重いがより幅広く対応できるカオスハンターが存在する現在では痛手。光属性の機械族である点などを上手く活用できるなら採用の価値も出てくるだろうか。

ところで、原作の龍牙は前述のように恐竜族をメインとしており、このカードも超進化薬による特殊召喚によって登場した。つまりこのモンスター、原作においては恐竜族だったはずなのだ。また、相手フィールド上に守備表示のモンスターしか存在しない場合、自分のモンスターをリリースすることで相手プレイヤーにダイレクトアタックが可能という効果も有していた。OCG化によって全く別の存在と化してしまったモンスターの1体である。
原作再現がほとんど成されていない上に効果が削除されて弱体化したかのように見えるが、実際のところ原作の能力をそのままにOCG化されていれば戦闘力も効果も暗黒恐獣の下位互換という有様だったため、むしろOCG版の方が多少は使い道があるという何とも言えない評価となった。
登場した当時は単独で飛び出してきたサイバー・ドラゴンなどに対して強く出られるという長所があったが、キメラテック・フォートレス・ドラゴンが存在する現在ではサイバー・ドラゴン対策としては機械族であることが祟ってむしろ悪手。

関連項目

機械族 漫画版GX

暗黒恐獣 - 原作の能力やイラストの構図などはこのカードを意識していると思われる。
ダイナミスト - メカ恐竜のモンスターカテゴリ。

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「サイバー・ダイナソー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 53

コメント