ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「おっはよー!無敵の三冠ウマ娘目指して、今日も頑張るぞーっ!」

プロフィール


キャッチコピー無敵でキュート!天真爛漫ホッピン少女
誕生日4月20日
身長150cm
体重増減なし
スリーサイズB77・W54・H76
靴のサイズ左右ともに22.0cm
学年中等部
所属寮栗東寮
得意なこと誰とでも友達になること
苦手なことお医者さん
耳のこと称賛と会長の声は絶対に聴き逃さない
尻尾のこと注目されると、興奮してふぁさふぁさ振る
家族のこと試しにパパママ呼びをやめたら泣かれた
ヒミツ歴代トップの前屈記録保持者
自己紹介 やっほー、トウカイテイオーだよ!無敵の三冠ウマ娘になるボクのこと、ぜーったいに見逃がさないでよねっ!
CVMachico

抜群のセンスと才能を持つ、明朗快活なウマ娘。
生徒会長である皇帝シンボリルドルフに憧れ、レースを志した。自分が1番になることを疑わない無邪気な自信家で、その奔放さは誰からも愛される。
独特の柔らかい歩様は『テイオーステップ』と呼ばれる。
公式ポータルサイトumamusume.jpより)

(旧プロフィール)
明朗快活。輝くような笑顔がまぶしいウマ娘。身軽でフットワークが軽く、跳ねるような独特の走り方をする。“皇帝”シンボリルドルフに強い憧れを持ち、自分は“帝王”になるため、無敗の三冠制覇を目指している。

ソロ曲

ウマ娘好きです
トウカイテイオー


明日? やだね、今すぐ! Step it!
『 恋はダービー☆ 』
作詞:Cygames (corochi) 作曲:Cygames (本田晃弘) 編曲:中西亮輔
なおアニメの世界においてはカラオケ店で配信されているらしく、本人が歌っている。

アニメ

明るくて活発、そして輝くような笑顔が眩しい美少女ウマ娘。身軽で跳ねるような独特のフットワークは"テイオーステップ"と呼ばれている。性格は勝気でちょっとナマイキ。プライドが高く、すぐにカッとなるところがあるが、レースに対する情熱は誰よりも強い。"皇帝"と呼ばれ、トレセン学園の生徒会長を務めるシンボリルドルフに強い憧れを抱いていて、その意思を継ぐ"帝王"となるのが将来の夢。そのための条件として"無敗の三冠制覇"を挙げている。
アニメ公式サイトanime-umamusume.jpより)

小柄で快活なボクっ娘。高い志とそれに見合う才能を兼ね備えながら、愛らしさも全開のマスコット系。
学園に転入してきたスペシャルウィークの案内役として登場し、後にスピカトレーナーの依頼を受けて、ウイニングライブでダメダメなチームメンバーに歌とダンスの指導をすることになる。
劇中で見せる軽やかなボックスステップや美しいアラベスクは、持ち前の柔軟性の賜物。

チームへの所属については決めかねていたものの、スピカの面々と時間を共にするうちに感化され、出し抜けに入部を宣言して一同を驚かせた(この辺りは外伝であるボイスドラマ:サイドストーリーにて明かされている)。

テイオーとマックイーン
ウマ娘 らくがき


メジロマックイーンをライバルと公言しており、合宿では楽しげに張り合う様子も描かれている。season2ではマックイーンに対して憧れの感情も抱いていることも明かされた。OPアニメで走る姿は、1993年の第38回有馬記念における復活劇が元ネタ。

トウカイテイオー


season2ではスペシャルウィークに続いて主人公の座につき、夢である無敗の三冠ウマ娘を目指して本格的に邁進することになる。

しかし、足の柔軟性が皮肉にも招いた度重なる骨折や自身が拠り所としていた連勝記録の途絶、三冠の獲得という子供時代からの目標が自身の故障の連続で泡と消えるといった多くの挫折に見舞われ、生来の天真爛漫な性格に影が差していく。

更に、三度目の骨折はそれまでより重度の故障だったのか全盛期の速力は完全に彼女の肉体から失われた事を医師から宣告され、残酷な宣告に打ちのめされたテイオーはもう会長のようになれないと半ば放心状態に陥り、引退を決断してしまう。

だが、引退ライブのステージにて、テイオーは自分の復帰を最後まで願うキタサンブラックの姿に、ルドルフに憧れていた頃の自分を思い出し、今や自分がかつてのルドルフのように、誰かの夢を背負い、夢を見せる側に転じていたことに気づかされる。さらに引退を引き止めんとするトレーナーやマックイーンたちの説得、そしてターボの身体を張った「諦めないことの大切さ」への叫びが好を奏し、再びゼロからやり直そうと復活を目指すべく立ち上がることになる。

チームカノープスの面々とは比較的仲も良いようで、ネイチャとはたまに食事を共にする位の付き合い。
イクノタンホイザとも度々会話していたが、ターボに対しては良くも悪くも"よく突っかかってくる子"止まりだったのか会うたびに「ダブルターボ」、「ダブルジェット」と名前を間違えていたのだが、自身の引退を止めようと「レースに絶対勝つ」ことを有言実行して見せた後には態度を改め「ツインターボ師匠」と何故か師匠呼びに変わった。

そして、レースのためにリハビリを続けるテイオーだったが、今度はこれまでテイオーを支え続けていたマックイーンが繋靭帯炎を発症、次の天皇賞どころかもう走ることすら叶わない難病を患ってしまう。

12話


自分が再びテイオーと走るには、それこそ「奇跡」でも起こらない限り無理だと泣きじゃくるマックイーン。だからこそ、テイオーは今まで支え続けてくれたマックイーンに報いるため、彼女を元気づけるために有馬記念へ出走して「奇跡を起こす」ことを決意する。
タイムも不調、レースは1年ぶり、しかも前回は11着と重なる悪条件の中で、それでもテイオーは有馬記念での勝利をマックイーンと約束した。

スピカメンバーたち総出でサポートを受け、有馬記念には無事に出走。
出走メンバーにはネイチャやタンホイザ、春天でマックイーンを破ったライスシャワー、前回の有馬覇者メジロパーマー、新世代最強トリオBNWのウイニングチケット、同じくBNWの一角にして菊花賞でレコードを叩き出して大勝した現行最強の中長距離ウマ娘との呼び声も高いビワハヤヒデも参戦。14人中GⅠウマ娘が7人という実力者揃いのレースであった。

有馬記念の人気投票では第4位と復帰戦としては中々の順位で衰えぬ人気を見せていたものの、あくまでもテイオーのレース復帰に対する同情票・応援票に過ぎず、勝てるとは思っていない者も多かった

レースまでに、速力を全盛期の状態に戻すことは叶わなかったが、スピカメンバーの応援を受けて遂に1年越しの復帰を果たした(同期のウマ娘たちもテイオーの復帰を暖かく出迎えており、ネイチャも"テイオーがどんな状態だろうと関係ない"と前置きしつつ「おかえり」と声をかけた)。

そしてついに始まった有馬記念の本番。
有馬二連覇を目指すパーマー、菊花賞の雪辱を果たしたいチケット、祝福の声の下での勝利を欲するライス、自分の実力を証明したいネイチャとタンホイザ……参戦した全てのウマ娘たちの「絶対に勝つ」という意地と意地がぶつかり合い、レースは全員が10バ身以内にもつれ合って進む大激戦となる。
第4コーナー、ビワハヤヒデが圧倒的な超加速を仕掛け、パーマー、ネイチャ、ライス、チケット、タンホイザたちを次々と引き離してトップへと踊り出る。
しかし次の瞬間、人々は信じられない光景を目の当たりにする。


絶っっっ対はボクだぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!




実況「トウカイテイオーが来た!…えっ?トウカイテイオーが来たぁ!?」

それはビワハヤヒデの加速に、ただ一人食らいついて行くテイオーの姿だった


「肺が苦しい…けど破れたって関係ない…!」

「足が重い…でもまだ動く…!」

テイオーは、何度も挫けてきた。3冠の夢が破れた時も、無敗の夢が破れた時も、マックイーンとの勝負が果たせずにいた時も。

全てのウマ娘に「勝ちたい」という想いがある。全てのウマ娘に「負けたくない」という意地がある。
それでも、この場で誰よりも『勝ち』を望んでいたのは、紛れもなくテイオーだった。

トウカイテイオー


テイオー「絶対に譲らない…!!絶対に…!絶対に…!『絶対』はボクだああぁぁぁっ!!」

マックイーン「…っ!行け…!」

トレーナー「行け…!」

ルドルフ「行けっ…!走れっ…!!」


テイオー「勝負だあああぁぁっ!!!」

最後の直線、全身全霊の力で地面を踏みしめてスパートを仕掛けたテイオーは、ハヤヒデに最後の勝負を挑む。
全盛期の優雅さやスタイリッシュからは程遠い、ただがむしゃらに、少しでも速く前を目指す不恰好な走り方で。

トウカイテイオーが来た!?
ユメヲカケル!


スピカの面々も、キタサンブラックたち観客も、会長シンボリルドルフも、そして駆けつけたマックイーンも応援する中、遂にビワハヤヒデを押さえて1着。
これまで数々の「運命の意地悪」に振り回されてきたテイオーが、 誰もが無理だとあきらめた「奇跡の復活」を成し遂げたのだ。彼女の勝利への執念が、精神が肉体を超越した瞬間だった。

キミと夢をかけるよ、何回だって…
トウカイテイオーに抱きついて 祝福するナイスネイチャがカワイイ


レースの終了後もテイオーコールが会場に響く中、仲間たちやライバルから祝福の言葉を受けるテイオー。ウイニングライブの最後にはとびきりの笑顔を観客に届けた。


奇跡の有馬から何度目かの春。桜の花びらの舞う学園のレース場で、誰かを待ちながら模擬レースの準備をするテイオーがいた。
そこに現れたのは……。

ゲーム

固有スキル

究極テイオーステップ
最終直線で前と差が詰まると華麗な脚取りで速度がすごく上がる。

  • 厳密な発動条件は、最終直線で2位or3位の状態かつ、前方のウマ娘の1バ身以内に近づく。

固有二つ名

帝王
育成でGⅠを7勝以上したウマ娘から想いを継承し、GⅠで1番人気を4回以上、無敗で皐月賞日本ダービーで勝利し、有馬記念(シニア級)で勝利する。

  • 継承の時点から仕込みが始まっている、忘れがちなので注意。
  • 無敗で皐月賞と日本ダービーを勝利が難しいが、そこさえ超えれば後は楽勝。

無敵のテイオー伝説、いよいよスタートだー!
初期実装の育成ウマ娘として、最高レアである星3「トップ・オブ・ジョイフル」が、後にアニメ2期コラボとして新勝負服である星3「ビヨンド・ザ・ホライズン」が実装。それぞれ固有スキルが異なるほか、初期ステータス、成長率、勝負服イベント、覚醒Lvでの習得スキルが若干異なる。

中距離と先行に適性があり、スピードの成長が大きいのが特徴。
育成中の目標で長距離レースを3回走る必要がある為、因子で長距離適性を上げないと苦しくなる。
スタミナの確保も課題なので育成難易度は意外と高め、下準備の仕込みが大事なウマ娘である。
クラシック三冠を目指しているが、菊花賞でスーパークリークあたりにタイトルを奪われる可能性もあるので注意を。
なお「無敗で皐月賞で1着になると特殊実況が発生」する。また、春シニア三冠を達成すると特別イベントが発生、一部ステータスが大きく上昇する。しかし、達成に必要な天皇賞(春)に出走してくるマックイーンが半ば信じがたいほど強く、春シニア三冠達成はかなり難しいといえる。

ストーリーモードにおいてはアニメ版のテイオーと比べると更に勝気な性格となっているのが特徴。自身を「無敵のテイオー様」と称する程の自信ぶりを見せており、時に一人称が「ワガハイ」になったりとやや無邪気な面が強くなっているが、それは彼女自身の才能と努力に絶対的な自信を持っているが故のものである。

こちらでも怪我を負う点は同様だが、ある程度無気力な状態にはならずにリハビリを続けるなどメンタル面の強さはアニメ版以上のものを持つ(一応怪我の直後は友人曰く陰で泣いていたらしいが)。反面、一度気が動転してしまうとかなり脆い部分は変わっておらず、無理な練習をトレーナーに叱られた際には、

テイオー
泣きテイオー


ぐすっ…なんだよぉ……。怖い顔しないでよぉ……!

と溢す場面も見られる。

また、当然の如くルドルフに対しては強い信頼と憧れの感情を寄せているが、当初はややアニメ版以上に会長に妄信的になっている節もあり、トレーナーには「もったいない」、当のルドルフ本人には「頂きを目指すウマ娘としてあまりに不幸」と自らの可能性を狭めてしまっている部分を危惧されていた(実際、ルドルフとレースで敗北しても「やっぱりカイチョーはすごい」と悔しさすら湧かない場面もある)。

その後、ルドルフに再び敗北したことやトレーナーと会ったことを切っ掛けに心境に変化が起こり、自身が本当になりたいのは「会長でさえ自身を認めて歓声を送りたくなるウマ娘」と気づき、ルドルフに直接「"皇帝"を越える"帝王"になる」と宣言。主人公を自身の専属トレーナーとして指名した。

ちなみに、育成プレイ中のイベントなどでは他のウマ娘をたまたま見ていたトレーナーに対して

「もー、ダメダメ!キミはボクのトレーナーでしょ!しょーがない!今日は追加で1周だけ走ってあげてもいいよ!__見るべきはほかの子か、ボクか。その目でちゃんと確かめてよ。

と言及したり、「3年間、一緒に走ってきてわかったよ。ボクには今のトレーナーしかいないって。」という割と湿っぽい台詞と捉えられる発言も所々あり(シナリオ的には「トレーナーへの信頼」というシンプルな説明だと思われるが、一部のプレイヤーにはトレーナーに対するヤバめな重い感情として解釈されることもあった)、一時期Twitterのサジェストでは「テイオー」と入力すると、

  • テイオー ヤンデレ
  • テイオー 重い
  • テイオー 怪文書
  • テイオー 湿度

といったワードが羅列されることもあり、アプリ版リリース直後とアニメ版でのテイオーが骨折した回の時期が重なったこともあってか実は闇が深いのでは?と一部で話題となった。

トレーナーの部屋で何かを見つけたテイオー


そんな事情もあってか、Twitterやpixivにおいては一部でもヤバめな方のテイオーのイラストが投稿されたりとトレーナーや会長に対する依存度が高い所が強調してクローズアップされることも多い。

無論、アプリやアニメにおいても基本的には明朗快活な元気っ娘である場面が大半であるし、あくまでも匂わせであって必ずしも「そういう」感情をルドルフやトレーナーに向けていると断定した台詞はない上にこういった二次創作などでの話題を好まないプレイヤー(視聴者)も存在するので、発言する際は一定のマナーと配慮を持つことも注意しよう。

ただ、会長のダジャレに関しては苦言を呈している。
とはいえその内容が「テイオーのていをなす」というダジャレだったため自分の名前で遊ばれたのが不満だったという可能性もあるが。これが本当の親父ギy(
その為か、下記の画像の様にダジャレに関してはドライな対応をする印象ができている。



サポカも実装されていて、ガチャ産のSSR・Rとウマ箱2の特典に付くSSRがある。
ただし特典の方は…弱い、詳しくはこちらで


競走馬トウカイテイオー

91年 日本ダービー
七冠の父のプレッシャーに勝ったトウカイテイオー。
天才はいる。悔しいが。

2011年 JRA日本ダービーCMより

1988年(昭和63年)生まれ。父シンボリルドルフ 母トウカイナチュラル。叔母のトウカイローマンはオークスの勝ち馬。競走馬としてのトウカイテイオーの記事にもあるが、当初はトウカイローマンにシンボリルドルフを種付けする予定だったが流れ、代わりに妹のトウカイナチュラルに種付けを行ったという経緯がある。もし当初の予定通りトウカイローマンに種付けをされていたらトウカイテイオーはこの世に存在しなかったかもしれない。
1991年(平成3年)、安田隆行(騎手引退後に調教師としてロードカナロアカレンチャンなどを管理)を背に皐月賞日本ダービーを制し親子2代で無敗の二冠馬となるが、菊花賞は骨折で出走できず親子2代無敗の三冠馬の夢は絶たれる(後にディープインパクトコントレイル親子が達成)。

1992年(平成4年)、安田隆行の調教師転向に伴い(この時点では引退しておらず、大阪杯ではネーハイビクトリーに、天皇賞・春ではボストンキコウシに騎乗している)、父シンボリルドルフの主戦だった岡部幸雄が手綱を握ることになった。復帰戦の大阪杯を圧勝。史上初の無敗の天皇賞制覇をかけて、史上初の天皇賞・春連覇に挑むメジロマックイーンと対戦。二強対決として大きな注目を浴びたがトウカイテイオーは5着に敗れ、さらに骨折が判明。秋まで休養。
天皇賞・秋で復帰するが、38度を超す熱発で調教を休むアクシデントが起き、調整に狂いが生じた。
レースでは「バカ逃げコンビ」言われた2頭、メジロパーマー(鞍上・藤田伸二)とダイタクヘリオス(鞍上・岸滋彦)による暴走を3番手で追走、ゴール前失速し7着に終わる。
ジャパンカップは前走の大敗や世界各国から強豪が集ったこともあり5番人気と人気を落としていた。しかしここでは本来の実力を発揮し、ナチュラリズムとの叩き合いを制し優勝。ジャパンカップ初の親子2代制覇となる。また日本馬の制覇も父以来。

しかしその後、ファン投票1位、単勝一番人気で挑んだ有馬記念でまたしても不運に見舞われる。岡部幸雄が騎乗停止となり、鞍上が田原成貴に乗り替わった上、体調不良が祟り11着に敗れる。しかもスタート直後に脚を滑らせ左中臀筋を痛め、1993年(平成5年)も度重なる故障と休養でレースに出走出来ない状態が続いた。

それでもファン投票で選出され93年有馬記念に出走。岡部はビワハヤヒデに騎乗する為、前年も騎乗した田原成貴騎手を再び鞍上に迎えた一年振りのレースで、ビワハヤヒデ以下を下し優勝。前回の出走から中363日でGIを勝利し、長期休養明けGI勝利の最長記録となっており、現在も破られていない。田原成貴騎手は検量後のインタビューで「日本競馬の常識を覆した、彼自身の勝利です」と涙ながらに称賛した。フジテレビの実況の堺正幸アナも「奇跡の復活!!」と称えた。ちなみに彼がラストスパート時に実況で叫んだ「ダービー馬の意地を見せるか⁉︎」という台詞は、アニメでも「ダービーウマ娘の意地を見せるか⁉︎」と引用されている。


1994年(平成6年)も現役を続行したが故障と休養でレースに出走できない状況が続き、天皇賞・秋を引退レースと決めて調整したが復調できず出走を断念。引退を決めた。
翌年から種牡馬となりトウカイポイントヤマニンシュクルストロングブラッド がGⅠを制している。
2013年(平成25年)に25歳で死去。

後継種牡馬

2021年現在でトウカイテイオーの血を引く種牡馬はクワイトファインのみである。
地方競馬で142戦6勝、クラウドファンディングで種牡馬になったクワイトファインだが
母系の血統内にもミスターシービーシンザンタニノムーティエといった古の日本ダービー馬の名が出てくる近年稀に見る超良血馬である。また、近親には’06年の函館2歳ステークスを制したニシノチャーミーもいる。
また、近年では珍しくサンデーサイレンスやその子ディープインパクトの血が入っていない。
テイオー自身も遡れば消滅寸前だった牝馬初の日本ダービー優勝馬ヒサトモの血を引く馬であることを考慮すれば、たとえ何十年かかったとしてもクワイトファインの血が花開く可能性は決して捨て切れない。

余談

デザイン

元ネタのトウカイテイオー号は小顔で流星の形状も美しい所謂「グッドルッキングホース」(要はイケメン)として知られており、その美形ぶりは日本競馬史でも一二を争うと言われる。前髪にメッシュとしてデザインされている流星は、血縁を意識してかシンボリルドルフと同じになっている(なお現実のルドルフ号は流星ではなく星)。
勝負服は「帝王」の名に相応しい白を基調とした皇族をイメージさせるものとなっており、テイオー号の左前脚にのみ白斑が無かった事から、足元は白のロングブーツ、手袋は右手が白色、左手が紺色の色違いとなっている。

トウカイテイオー
トウカイテイオー


アニメ二期にて登場した別版勝負服はケガからの復帰というエピソードに合わせてか、元のイメージから大きく変更された不死鳥をイメージさせる赤と羽の意匠を組み込んだ物となり、白斑は反映されてない。

テイオーステップ

アニメではパドックや本バ場入場時に披露し、ゲーム版ではスキル名となっている「テイオーステップ」だが、これは実際のトウカイテイオーの独特な歩様(「ほよう」馬の歩き方)が元ネタである。

ステップを踏むような可愛らしい歩き方だが、本来であればこれは「鶏破」(けいは)と呼ばれる異常な歩様であり、このような歩き方をする馬は普通、故障を疑われてもおかしくはない。
それでもトウカイテイオーが走り続けられたのは、その身体の柔軟性にあり、その証拠に4回目こそは復帰できなかったものの、4度の骨折はいずれも軽微で済んでおり、競争能力を失うことなく現役を続けていた。あの有馬記念の奇跡を起こせたのもこのトウカイテイオーの柔軟性にあると言えるだろう。

ウマ箱2

アニメ版Season2を収録したBlu-ray『ウマ箱2』第1コーナー(第1巻)の発売日は2021年5月26日だが、この日はトウカイテイオーが勝利した1991年の第58回日本ダービーからちょうど30年後の節目の日であった。なお第58回日本ダービーは20頭立てで、テイオーは8枠20番の単枠指定で勝利しているが、アニメでは同年秋の馬番連勝導入・単枠指定廃止・最大18頭立てに合わせるため、2人省いて18人で再現し(回想シーンのルドルフのダービーも18人で再現した)、18番枠で優勝した。

東海ステークス・帝王賞・大井の帝王

トウカイテイオーのダート適性はG・マイル適性はEで、育成目標にもダート・マイルレースは皆無であるが、因子継承によりダート・マイル適性を引き上げ、テイオーの名前にちなんで東海ステークス(GⅡ・中京ダート1800m)や帝王賞(JpnⅠ・大井ダート2000m)に出走したり、大井レース場で開催されるGIレースに4勝して「大井の帝王」の二つ名を取得するトレーナーも存在する。

関連イラスト

トウカイテイオー
トウカイテイオーちゃんとお花見がしたい!
トレーニング終わりのテイオーちゃん
トウカイテイオー


勝利のその先へ
トウカイテイオー
トウカイテイオー
ユメヲカケル


トウカイテイオー
トウカイテイオー
トウカイテイオー
絶対は、ぼくだ


トウカイテイオー
トウカイテイオー
トウカイテイオー
硬め・濃いめ・多め


トウカイテイオー
トウカイテイオー
ウマ娘 2011年JRA CM 日本ダービー トウカイテイオー
帝王鬥心



関連タグ

ウマ娘プリティーダービー チームスピカ
シンボリルドルフ(ウマ娘) メジロマックイーン(ウマ娘)
ナイスネイチャ(ウマ娘) ツインターボ(ウマ娘) モチーフ馬が同期の1988年(昭和63年)生まれ(ターボとは未対決)
マヤノトップガン(ウマ娘):同室のウマ娘。史実にてそれぞれ同騎手により有馬記念を制覇している。ちなみにマヤノも育成シナリオにて他のウマ娘を見ていたトレーナーに嫉妬する場面がある。

関連記事

親記事

ウマ娘 うまむすめ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「トウカイテイオー(ウマ娘)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「トウカイテイオー(ウマ娘)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 140196613

コメント