ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「早く大人になりたいなぁ……。お姉さん達みたいな立派なウマ娘に!」

プロフィール

誕生日4月19日
身長135cm
体重増減なし
スリーサイズB67/W48/H70
CV河井晴菜


大人しくて愛らしい、純真無垢な少女。まだまだ咲きはじめで自信もなく、一人前めざして準備中である。
一方でよく気が利き、たとえ自分のことで手一杯でも、周りへの思いやりを忘れない優しい心根の持ち主。
いつか大輪の花を咲かせるため、頑張っている。
(公式ホームページより)

(旧紹介文)
優れた才能を見込まれて、飛び級してトレセン学園にやってきたウマ娘の少女。
幼いながらもしっかりものでなんでも得意。
その上、素直で明るいがんばり屋のパーフェクトガール。
将来の夢はステキなオトナの女性になる事。

キャラクター

ウマ娘の中でもひときわ小柄。
身長の135cm、バストの67、ウェストの48、ヒップの70という数字はいずれも全ウマ娘中最小であり、文句なしで最も小さいウマ娘である。
現在は見られないが、リニューアル前には紹介文で「飛び級した」旨、すなわち小学生であることが明記されていた。小さいのも納得。

アニメには登場していないが、「うまよん」では、トウカイテイオーマヤノトップガンユキノビジンに手料理を振る舞い、「母の味」と賞賛された。
他のウマ娘たち=お姉さんたちのお世話が好きらしい良い子であり、スーパークリークとお母さん対決で引き分けるほど。

アプリ版ではサポートカードとして登場。史実通りセイウンスカイとの絡みが多く、SRに至ってはイラストが2人のツーショットである。
条件を満たしやすい「根幹距離〇」や「良バ場〇」のスキルヒントの他、練習時に絆ゲージの上昇値が上がるプラスのコンディションである「愛嬌〇」にSSRでは直線で速度が上がる上位スキル「ハヤテ一文字」も狙えるなど、脚質や距離に関係なく便利な要素が詰まったサポートカードとして評価されている。
その分練習性能は上限解放が進んでいない状態だと他のSSRと比べて低めに設定されているものの、「ハヤテ一文字」の下位スキル「直線巧者」のスキルヒントを入手できるカードにはウオッカキタサンブラック等スキルと練習性能の両面で評価の高いカードも多いため、そうしたカードとの併用で真価を発揮するサポートカードと言える。サクラバクシンオーとはお互いに相手のサポートカードのイベントにも登場し、空回りしがちなサクラバクシンオーをフォローしようとしたりする姿を見る事ができる。

NPCとしてのニシノフラワー

2021年6月時点では育成ウマ娘として実装されていないものの、史実での関係(後述)からサクラバクシンオーの育成シナリオではライバルとして登場。その他、史実では一切関係はないがカレンチャンの育成シナリオでもライバルとして登場する。
しかし、敵として出てきたニシノフラワーは対戦することになったらもはや最悪の敵でしかなく、中・長距離のゴールドシップシンボリルドルフ、長距離のスーパークリーク並に凶悪なNPCとして知られている。芝・ダート問わず短距離・マイル戦に出走する。やられる数が多いウマ娘で言えば、ウオッカタイキシャトルハルウララなどが挙げられる。他にも、オグリキャップの固有称号「アイドルウマ娘」の獲得のためには目標の有馬記念・マイルCS・ファン数24万人達成のほかにも非目標の「安田記念で勝利」を達成しなければならないが、勝利をさらわれて称号獲得を逃すのもちらほら。
とにかくスピードを上げて逃げればなんとかなるとして育成ウマ娘の中でも特に難易度が低いとされるサクラバクシンオーの育成でスピード以外のステータスも短マイル相応に上げていなかった場合、逃げに出たサクラバクシンオーのスタミナが切れかけたところを先行で狙ってくるのだ。

競走馬ニシノフラワー

ニシノフラワーは1992年のJRA賞最優秀スプリンター。サクラバクシンオーがスプリントで唯一敗れたレースの勝ち馬でもある。

1991年に佐藤正雄を背にデビュー。同年12月1日阪神3歳牝馬ステークス(旧年齢表記、現阪神ジュベナイルフィリーズ。この年から牝馬限定戦)を優勝し、JRA賞最優秀3歳牝馬を受賞した。

1992年桜花賞から引退まで、牝馬の扱いに定評のある河内洋に代わった。
桜花賞を勝利するも、優駿牝馬(オークス)は7着、エリザベス女王杯は3着に終わった。
オークスもエリザベス女王杯も距離が長すぎたことから、陣営は短距離路線に活路を求めた。
同年末のスプリンターズステークスダイタクヘリオスサクラバクシンオーヤマニンゼファーらを抑えGⅠ3勝目を挙げた。

1993年も現役を続行。初戦のマイラーズカップ(GⅡ)を勝利し、この年から国際競走となった安田記念では1番人気に推されるが10着に終わる。
宝塚記念でもメジロマックイーンメジロパーマーに次いで3番人気に支持されるが8着。スワンステークスは2番人気3着、マイルチャンピオンシップは不良馬場で13着と大敗。
連覇を狙ったスプリンターズステークスはサクラバクシンオーに敗れて3着に終わり、これを最後に引退。

引退後は繁殖牝馬となるも、直仔からは重賞勝利馬は出なかった。
しかし、西山牧場の後輩であるセイウンスカイとの間に産んだ6番仔ニシノミライの血統から、自身から見てひ孫(曾孫)にあたるニシノデイジー(2016年生まれ)が重賞勝利を挙げ、牝系として血統が残っている。

空と花と。
ウマ絵詰め



2020年2月5日に老衰のため31歳で死去した。
墓碑は西山牧場にあり、セイウンスカイの墓碑に寄り添うように建っている。墓碑には「天才少女から偉大な母へ 西山牧場を救った名牝に 感謝を込めて」と刻まれているが、これは彼女が現役時代の西山牧場は自ら輸入した種牡馬の失敗などで経営不振のさなかであり、彼女の活躍によって一息つけていた為である。

関連イラスト

センシティブな作品
「トレーナーさん…私…一人で歩けます……」
目黒記念乙とタマちゃん先輩
弥生賞お疲れ様でした。


空花
あけおめ空花
2019クラシック戦線開幕!
スカイ&フラワー



関連タグ

ウマ娘プリティーダービー
セイウンスカイ(ウマ娘)

同世代のウマ娘
ミホノブルボン(ウマ娘)ライスシャワー(ウマ娘)サクラバクシンオー(ウマ娘)マチカネタンホイザ(ウマ娘)
※このうち、対戦経験があるのはサクラバクシンオーのみ。

ダイタクヘリオス(ウマ娘) メジロマックイーン(ウマ娘) メジロパーマー(ウマ娘) イクノディクタス(ウマ娘)

外部リンク

関連記事

親記事

ウマ娘 うまむすめ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ニシノフラワー(ウマ娘)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ニシノフラワー(ウマ娘)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5754074

コメント