ピクシブ百科事典

ブラックフォッグ

ぶらっくふぉっぐ

ブラックフォッグとは、電撃!ピカチュウに登場した史上最強のゴーストの事である。みんなのトラウマ。
目次[非表示]

概要

ブラックフォッグとは、エr……もとい、様々な手法で一線を画すポケモン漫画電撃ピカチュウに登場したゴーストの通称で、通常のものを遥かに超越した力を持つ特異個体である。
数年おきに大量のゴースを引き連れ、町中のポケモンはおろか人間の魂をも食い尽くすその様は、まさに悪霊そのもの。
かつて11歳のころのナツメのポケモンをも食い殺したらしく、10年にわたり彼女に強い憎しみを抱かれていた。

なぜ首領である自身が最終形態であるゲンガーではなくゴーストの姿なのかという疑問については、「進化するには通信交換が必要=人間に捕獲されなければならないが、人間に捕獲されることを拒んだため」とする説がある。ただし、これはサトシの推察が正しいものとした前提であるため、真相は闇の中である。

規格外の性能

ブラックフォッグはただのポケモンとはとても言い切れない特徴が多々あり、詳細は下記のとおり。

  • 通常のゴーストより遥かに巨大(かるく見積もっても10メートルはある)で、しかも実体がある。多くの魂を食らい続けた結果、実体を得たのだろうか。ある意味メガシンカした状態かもしれない。
  • 相手が「ねむり」状態でなくてもゆめくいで魂を食べてしまう
  • サトシの手持ちポケモン(ピカチュウオニドリルバタフリー)達と1対多数で闘い、圧倒する
  • ナイトヘッドとゆめくい、二つの技を同時に使うことが可能捕獲するには通常のポケモンでは消滅してしまうほどに強力な特製モンスターボール(急造品につき耐久性に不安アリ)が必要。
  • ↑の特製ボールで完璧に捕獲されるもボールの中でだいばくはつを使って破壊し脱出、相当な体力を消耗しながらもひんし状態にならない。連載当時のゲームやアニメにはきあいのタスキどころか「どうぐを持たせる」といった機能すらなかったため、この耐久力は異常。
  • サトシのハイパーボールで再び捕らえられそうになるが、寸でのところで自爆してハイパーボールを破壊。

その最後

上述したように最後まで「人間に捕まるものか」と抗い続け、意地と執念を見せつけて消滅した。
消滅とともに今まで食われていた魂は解放されたようで、消滅の直後にナツメは覚醒して瓦礫に埋もれそうになったサトシをテレポートで救出している。
あまりに常軌を逸した能力や根城にしていたシオンの塔各所に施されたゴーストを模した装飾、旧世紀にポケモンを神とした宗教が存在したという歴史から、タケシは「かつてこの地域で信仰され、忘れ去られた旧神ではないか」と推察していた。

作中で使った技

ゆめくい,サイコキネシス,ナイトヘッド,だいばくはつ

余談

ブラックフォッグを直訳すると「くろいきり」になる。

電ピカ版におけるナツメがゴーストに自分のポケモンを殺された憎しみを持っていたのに対し、アニポケ版ではナツメの閉ざされた心を開く切っ掛けになったポケモンがゴーストであり、関わりこそ真逆といえど彼女の心に深く影響を与えたポケモンである。
ゴーストタイプ=ホラーや恐怖の具現化とするなれば、そういった意味では電ピカ版での扱いは正統派と言えなくもない。

関連タグ

ポケモン 電撃ピカチュウ
ゴース ゴースト(ポケモン) ゲンガー
メタグラードン←タイアップ作品出身の他の生物を食らうイレギュラーな巨大ポケモン繋がり。
デスタムーア←外の人繋がり。
No.96ブラック・ミスト←名前繋がり。

関連記事

親記事

電撃ピカチュウ でんげきぴかちゅう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ブラックフォッグ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ブラックフォッグ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45552

コメント