ピクシブ百科事典

ミラーク

みらーく

オープンワールドRPG『The Elder Scrolls Ⅴ:Skyrim』に登場するキャラクター。原初にして伝説の初代ドラゴンボーン。
目次[非表示]

日本語吹き替え:麦人(※正確には不明。「余談」の項目を参照)

人物

公式DLC第三弾『Dragonborn』を導入することで登場する、もう一人の、そして最初のドラゴンボーン

かつてドラゴンが人間たちを支配していた太古の時代、ソルスセイム島のドラゴンと人間の仲立ちをしていたドラゴンプリーストの一人だったが、その中でドラゴンボーンとしての力に覚醒。
ソルスセイムのドラゴン達を喰らい尽くして壊滅させ、反乱を引き起こした。
その後「竜戦争」で敗北を喫するが、知を司るデイドラの大公ハルメアス・モラと契約し、彼の次元『アポクリファ』へと逃れる。そしてモラから「服従」のシャウトを学び、現世に復活するために力を蓄えていた。

やがて意識体のみではあるが現世に復活することに成功し、ソルスセイムに暮らす人々やドラゴンを「服従」のシャウトで洗脳しながら己が配下につけ、タムリエル襲撃計画のために暗躍。スカイリムに渡ってきたミラークの信者も、この洗脳の犠牲者と思われる。

そして肉体の完全なる復活のために、現代のドラゴンボーンたるドヴァキン(主人公)の持つ数多のドラゴンソウルを奪取すべくその命をつけ狙い、死闘を繰り広げる。

戦闘の際はハルメアス・モラの力を持つ特製の武具に加え、竜のオーラを纏う伝説のシャウト『ドラゴンアスペクト』を始めとする各種シャウトを駆使して戦う。さらに負傷すると、シャウトで従わせたドラゴンを生贄にソウルを吸収して体力を回復する能力も持つ強敵。

彼の名は竜語で『Mir(案内人)Aak(忠誠)』、という意味を持っている。
ミラークに限らず、ゲーム内に登場する名のあるドラゴンは意味を持っているので調べてみるのも一興。

なおPC版では『Dragonborn』の結末を変更し、彼を倒すのではなく服従のシャウトで屈伏させ、以後フォロワーとして連れ回せるようにしたり、彼を美女に変更(台詞は個人で声優を雇って全て録り直し!)してしまうなど、数は少ないながらも強烈なmodがあり、好評を博している。
前者は、『Dragonborn』のメインシナリオがハルメアス・モラの掌の上で進み言いなりのまま終わることからそれを改変する事を目的としたもの、そして後者は、野郎がモラ様の触手でXXされるのが絵面的にイヤ~ンだからとか……

非公式ながら「ミラーク先輩」とも呼ばれている。

余談・その他

  • 最初の対面時に、主人公が世界を食らうものアルドゥインを倒していた場合、アルドゥインに言及するという変化がある。
  • 彼と直接対面して以降は、ソルスセイム・スカイリムを問わず、撃破したドラゴンからドラゴンソウルを横取りしに現れる事がある。このときは攻撃しても当たらず、魂は取られるので、プレイヤーによってはとてもウザく感じることがあるとかないとか。なお取られたドラゴンソウルはミラークを倒した後に全て回収可能。
  • 吹き替え声優に関しては、ネット上では「ミラーク = 麦人」との記述があるが、本人の公式プロフィールには記載がなくニュースなどの明確な情報源もないため、正式な出演確認がなされていない。誰かが「麦人の声っぽい」と言い出したものが広まったと思われる(ただ、リディア(TES5)の声を公表したうえだ星子や、シェオゴラス役であることがプロフィールに明記されている白熊寛嗣などのように、声優本人による発表が行われるケースはある)。


関連人物

アージダル、ドゥカーン、ザークリソス

ソルスセイム島に墓所があるドラゴン・プリーストで、ミラークの従者だった者たち。やはり彼らもミラーク同様にハルメアス・モラとは深い関わりがあったようで、ミラークのものに酷似した海洋生物を思わせる独特の意匠の仮面を所持している。

ヴァーロック

ソルスセイム島に墓所があるドラゴン・プリースト。多くのドラゴン・プリーストが暴君と化して圧政を敷いた中で、良識的な人格と善政によって民に慕われていた珍しい人物。離反したミラークを討ち取った功労者でもあり、ドラゴンからも一目置かれる実力者だった。なお、名有りのドラゴン・プリーストの中では唯一仮面を所持していない。

関連タグ

ドヴァキン ライバル
ラスボス

関連記事

親記事

スカイリム すかいりむ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ミラーク」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ミラーク」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 249642

コメント