ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

チェスのように駒を使って冒険を行うテーブルトークRPGと呼ばれるもの。

ダークマスター側と冒険者側に分かれて、冒険者側がダークマスター討伐を目的に進行するゲームである。(ダークマスター側は一名、冒険者側は複数人)

特徴


  • ストーリーの進行は、ダークマスター側の指示で行われる。(指示なく動いた場合は、ペナルティを受ける)

  • モンスターのエンカウトと戦闘は二つの十面ダイスを振って出た目の数で決まる。(00に近ければ近い程、行動の成功率が高くなったり、先手を取りやすくなる。 逆に99に近ければ近い程、行動が失敗したり、後手に回りやすくなる。)

  • フィールドは村や町、山や城などのボードパーツを接続していくことで拡張可能。

  • 村や町に入れば、従来のRPG同様情報収集が可能。

  • 草原や森フィールドで、モンスターとエンカウントする数はダイスシャッフルで決まる。

作中に登場したものを記載

  • 魔獣使い:使用者は遊戯。手玉ハンドと呼ばれる技で、モンスターを仲間にできる能力を持っている。手玉ハンドによる攻撃も可能(但し、ダイスシャッフルでの成功に依存する)

  • 戦士:使用者は城之内。剣技でモンスターを倒すパワー型。※作中では、スーパークリティカル攻撃に成功した

  • マジックガンマン:使用者は本田。魔法の銃を持つ後方支援型。

  • 魔法使い:使用者は杏子。回復魔法や攻撃魔法を使う支援型。※作中では、スーパークリティカルにより双方発動できている

  • 商人:使用者はミホ。資金を見つけ出す能力を持っている。ダイスの数字を自在に変更できる能力を持つ

  • 白魔道士:使用者は???。回復呪文や防御呪文を使う支援型。

ダイスについて


ダイスシャッフル時に二つのダイスを使うが、10の桁を担当するダイスと1の桁を担当するダイスを識別するために色が異なるダイスを用意する必要がある。(作中では赤を10の桁、白を1の桁にしている)

ダイスの目が00だった場合は、戦闘時はスーパークリティカルヒットとなるが99の場合はファンブル(大失敗)となる


関連タグ

遊戯王 高橋和希

関連記事

親記事

初代遊戯王 しょだいゆうぎおう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「モンスターワールド(遊戯王)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 44

コメント