ピクシブ百科事典

万能力作驚愕艦カナヤゴ

ばんのうりきさくきょうがくかんかなやご

万能力作驚愕艦カナヤゴはメディアミックス作品『勇者王ガオガイガー』に登場するメカニックのひとつ。

概要


 『ガッツィ・ギャラクシー・ガード』に所属するディビジョンフリートの一隻『ディビジョンⅡ』が分離発進した特務艦。ガッツィ・ジオイド・ガード時代にはどのエリアにも存在しておらず、後継艦も見当たらないが、性質上は『強襲揚陸補給船』に近い。


 普段は『GGGオービットベース』にガントリークレーンで接合しているが、主翼そのものは存在せず出動、分離後はそのままの形で大気圏内外へ赴く。

 TVシリーズでの活躍も説明はNumber.33での平田女史からの台詞のみで、機能自体も不明瞭で艦そのものは完成していたが、内部には600体もの量産化したプライヤーズと派生機であるカーペンターズを搭載させる理由から原種対戦中は稼働しておらず、初出動したのはNumber.49終盤のみ。戦闘で傷付いた空間や物質を瞬く間に補修(場合によっては分解も)する。Number.02で大河が語った『敵を撃破して街を守っても、街を破壊したら敵と同じ』と防衛組織の初陣が悲惨な状況の結果に終わり、その打破から開発されたものと推測される。

 特務艦と言う性質上、原種大戦時には破壊される事は無かったが、同時就航した3隻が轟沈した事を受け、新型ディビジョンフリートや、『高速移動母艦ヤサカニ』が就航する迄の期間はGGG機動部隊の脚として其までの鬱憤を晴らすかの様に機能し続けた。

基本データ

 英名:DEIVSON Ⅱ KANAYAGO
 全長:310.0m
 全幅:不明
 全高:不明
 重量:65000.0t
 積載重量:130000.0t
 最大速度:不明

関連記事

親記事

ガッツィ・ギャラクシー・ガード がっつぃぎゃらくしーがーどおよびすりーじー

兄弟記事

コメント