ピクシブ百科事典

乙骨憂太

おっこつゆうた

乙骨憂太とは漫画『呪術廻戦』の登場人物。及びその前日譚である『呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校』の主人公。
目次[非表示]

この項目は「劇場版 呪術廻戦0」及び原作0巻と単行本未収録のネタバレ情報を含む場合があります。


「僕は呪術高専で 里香ちゃんの呪いを解きます」

概要

呪術高専東京校の2年生。日本に4人しかいない特級呪術師の一人。

呪術廻戦』本編では海外に行っており、交流会では2年生の中で唯一不参加。

前日譚の『東京都立呪術高等専門学校』では主人公を務める。
特級過呪怨霊・祈本里香に呪われており、その危険さから秘匿死刑が決定しかけたところを五条悟が阻止、呪術高専東京校に途中転入することになる。

プロフィール

年齢17歳
生年月日2001年3月7日
所属東京都立呪術高等専門学校二年(『呪術廻戦』本編開始時点)
高専入学方法スカウト
等級特級呪術師
好きな食べ物塩キャベツをごま油で
嫌いな食べ物ステーキの脂身
ストレス同級生に会えない
一人称「僕」
身長伏黒恵より高い180cm弱
出身地宮城県
CV緒方恵美


人物

温厚で優しく人情深い性格。当初は気弱な性格で、里香の顕現で人を傷つけてしまうことから人との関わりを避けていたが呪術高専に入学後は前向きで芯の強さを見せるようになる。癖の強い作中人物の中でバランス感覚のある良識人。

一方で敵対者、特に友達を傷つける相手には普段の穏やかさが嘘のような殺気を見せるなどその精神はかなり複雑で、呪術師としての才能の高さが窺える。この性格・能力ゆえ、伏黒からは「唯一手放しで尊敬できる人」、五条からは「自らと並ぶ術師になる」と言われている。

家族構成は非術師の両親と妹。現在は妹のみ連絡を取り合っている模様。
実は作中内で超大物呪術師とされている日本三大怨霊の一人・菅原道真の子孫で、五条とは超遠縁の親戚にあたる。

容姿

ツンツン頭の黒髪が特徴的な少年。

乙骨



劇場版ではツンツン髪が落ち着いた感じにリデザインされている。

乙骨



また、続編である「呪術廻戦」では2:8分けのセミロングに髪型を変更されている。(トップ画像)

乙骨くんの絵


(劇場版と呪術廻戦、いずれも伏黒恵との髪型の被りを避ける為との事)

制服は他の生徒が黒に近い色合いであるのに対し、彼だけ制服の色が白い(これは彼が問題児のため分かりやすくするため)。

過去

『呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校』

幼少の頃、乙骨は幼馴染の祈本里香と将来の結婚の約束を交わすが、里香は乙骨の目の前で交通事故に遭い死亡。その直後に里香は怨霊に転じ、乙骨は里香に取り憑き呪われる。

呪術高専入学前は、クラスで良からぬ輩にいじめを受ける一見気弱な少年となっていた。しかし実際は乙骨本人が恐れていたのはいじめてくる輩そのものではなく、「自分を傷つけたものが呪いと化した幼馴染・里香に報復される」ことであり、ついには家族からも離れて外に出ることを拒み、呪術界でも里香が誰の手に負えないことから秘匿死刑が決定してしまう。本人も了承し、死にたいと願う中、呪術師である五条悟の提案で呪術高専東京校に途中転入することになる。

当初は「生きていいという自信が欲しい」という理由で藁にも縋る思いで入学を決意した(ちなみにどういう学校かは全く教えられなかったため一悶着あった)が、のちに里香の呪いを解くことを目標とするようになった。


※以下、ネタバレ注意



愛してるよ里香」「一緒に逝こう?

呪いをかけてね



「女誑しめ」

失礼だな 純愛だよ

乙骨は里香が死ぬ間際、彼女の死を拒み彼女を「呪い」に転化させていた。
つまり乙骨が里香から呪いをかけられていたのではなく、乙骨が里香を呪っていたのであった。
(後の公式ファンブックの生得術式の欄には術式:里香と書かれており、上述の里香を呪いに転化させて使役する事自体が乙骨の術式だと考えられる。)

里香を呪ってたくさんの人に迷惑をかけたことを知り、乙骨は罪の意識に苛まれるが、解呪され人間の姿に戻った里香はそんな乙骨を抱きしめ、彼と共に過ごした6年間は幸せだったと述べ、最期に「またね」と言い遺し成仏した。

里香が成仏した後も、乙骨は里香から受け取った婚約指輪を付け続けている。

現在

里香の力の喪失で呪術高専の本編終了時点では4級呪術師へと降格するも(0巻ラストで制服が黒くなっているのはこの為)、本編開始時点では再び特級呪術師に昇格している。

高専二年の時点では海外に行っており、扉絵ではかつて夏油一派であった黒人呪詛師・ミゲルと外国にて行動を共にしている様子が描かれている。

作中では描かれていないが、昨年の姉妹校交流戦では乙骨1人で、かなりの実力を持つ東堂葵含む京都校チームを圧倒し勝利している。

少なくとも一年時(呪術テロ後)にはすでに「五条悟の親戚」として認知されている。

渋谷事変の終結後に帰国。偽夏油の暗躍で呪霊が溢れ返り人外魔境と化した東京で一般人の救助を行っていたが。その後、呪術総監部からの通達により虎杖の死刑執行役に任命され虎杖の前に現れる。
一度は虎杖の胸に刀を突きたてるが気絶している間に反転術式で治療。上層部の目をうまくかいくぐる事で虎杖と伏黒達と連携を取り死滅回游攻略を開始する。

戦闘能力

『呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校』

0巻乙骨&里香


「来い!!! 里香!!!!」

特級過呪怨霊・祈本里香に取り憑かれた特級被呪者で乙骨に危害を加えると里香が顕現し、その人物に容赦なく危害を加える。当初は里香の制御が出来なかったが、高専編入後の初任務で制御できるようになる。左手の婚約指輪は自身と里香を繋ぐ物であり、里香の制御や呪力の媒介にも使われる。
身体能力も非常に高く、基本は里香の呪力を日本刀に込めての白兵戦を行う。夏油との戦闘で刀が砕けた際には徒手空拳での戦いも披露しており、劇場版ではそのときに黒閃を決めている(原作やファンブック中に記載は無い)。

里香を顕現させれば、並みの呪い程度なら彼女の膂力だけで圧倒可能。
里香は変幻自在で底なしの呪力を持ち、これによって無条件の生得術式の模倣を可能とし、他者の術式を自在にコピーすることができる。作中では狗巻棘の呪言をコピーした拡声器を作成し、広範囲に即死の呪言を反動無しで用いている。

また自らを里香の生贄として捧げ、呪力の制限を解除することで、夏油の特級呪霊1体および数千体の呪霊の呪いを束ねた、極ノ番「うずまき」を撃ち破っている。

『呪術廻戦』

武器は引き続き刀を使用。五条を上回る呪力量を誇り、その圧倒的な呪力量による呪力強化によって凄まじい身体能力を誇る。
圧倒的な呪力が全身を常に纏っている為、基礎的な呪力操作だけで全ての攻撃が決定打となり得、同時にダメージを最小限にまで軽減させるという攻防一体の戦闘術を実現させている。
また詳細不明の『リカちゃん』が戦闘中に出現、それを使役している様子が見受けられる。

関連イラスト

乙骨先輩
无题


乙骨憂太
乙骨憂太



関連項目

呪術廻戦 東京都立呪術高等専門学校
祈本里香 五条悟 禪院真希 狗巻棘 
パンダ

4人の特級呪術師九十九由基夏油傑・五条悟・乙骨憂太

碇シンジ……中の人つながり。黒髪の中性的な容姿、内罰的な性格、秘めたるポテンシャルの高さなど類似点が多い。ちなみに作中の年齢は違うが、どちらも2001年生まれ。

関連記事

親記事

呪術高専東京校 じゅじゅつこうせんとうきょうこう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「乙骨憂太」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「乙骨憂太」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 28714459

コメント