ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

女性の天使のイラストに付けられるタグ。

アブラハムの宗教において、天使に性別は無いとされるが、その根拠としてマタイによる福音書22章30節のイエスの言葉「復活の時には、彼らは娶ったり、嫁いだりすることはない。彼らは天にいる天使のようなものである」が挙げられる。

ここでいう彼らとは復活の時に立ち会った人間のことであるが、彼らは復活の時には娶ることも嫁ぐこともないという。また上記のイエスの言葉は「と死別したために再婚を繰り返した未亡人天国では誰(生前に結婚した男達)のとなるのか?」という質問に返した答えであり、大抵の場合「天使みたいに性別の意味が無くなる(から、結婚なんてしないよ)」ということだと解釈される。

天使は男性的に描写される事が多く、ゴエティアに登場する悪魔(堕天使)のうち、グレモリーのような女性の姿をした者も彼(he)と呼ばれている。ただし、唯一神も「彼」と呼ばれており、天使が彼と呼ばれてはいても、それがそのまま男性であることも意味しない。唯一神はキリスト教では父なる神と呼ばれることもあるが、イスラム教では唯一神は生みも生まれもせず(112:3)、妻も子もいない(72:3)存在とされている。

イスラム教の聖典クルアーンでは女性の天使については積極的に否定している。「多神教徒は慈悲深きお方(神)の僕である天使を女性にしたりする。お前たちは天使の創造に立ち会ったのか」(43:19)。多神教徒は天使の創造に立ち合ったわけでもないのに、勝手にある天使が女性だと主張している、という非難である。「誠に来世を信じない者は、天使に女性の名前を付けたりする」(53:27)。天使に女性の名前をつけるのは、「来世を信じない者」のやる事だとしている。

当時のアラビアには、天使を女性とみなす(又は「女性の天使がいる」)考えがあったようだが、クルアーンでは上記のように多神教徒や不信心者による誤りとしている。

聖典以外の伝承も含めて、アブラハムの宗教で女性的な天使と言えるのは、女性につけられる(女性形の)名前を持ち、「魂の助産婦」と呼ばれるライラだけである。それでも女性だと明言されてはいない。西方キリスト教美術において女性的に描かれる事もあるガブリエルも男性名であり、女性につけられるのは「ガブリエラ」のような女性形となる。日本語ではガブリエルとカタカナ表記される女性もいるが、アルファベット表記ではGabrielleであり、これも女性形になった人名である。
ヨーロッパ系の人名の一つである「アンジェラ」は天使を意味する人名の「アンジェロ」等の女性形であって、こちらも教義上における女性の天使の存在を示すものではない。

女性の天使(的)存在はゾロアスター教にはいる。アムシャ・スプンタのうち、アールマティハルワタートアムルタートヤザタのうちアナーヒターアシ等がそうである。

ゾロアスター教はアブラハムの宗教と深く関わりがあり、歴史的にはアブラハムの宗教の一派であると主張していたこともあった。イスラムによるペルシャ侵攻の際、自分たちがアブラハムの宗教の一派であり啓典の民であると主張することで迫害から逃れるためである。その際にゾロアスター教徒が根拠としたものが、クルアーンの「まだ(ムハンマドに)教えていない使徒もいる」(4:164)という啓示で、ゾロアスター教開祖のゾロアスターがここの節の使徒にあたると主張した。こういったことが功を奏したのか、クルアーンにゾロアスター教の名前が登場している(22:17)こともあり、ゾロアスター教は事実上準啓典の民として戦争状態に陥ることなくイスラム教と共存してきたという歴史がある。文化的にもゾロアスター教側の天使名が人名として引き継がれたり(バフマンスルシュバハラームナーヒード等)、イスラム化後の伝説においてアブラハムの宗教的な天使に翻案されたりしている。が、「天使(マラーイカ)」についての信仰そのものに異教の天使観が影響を与えるという事態を生まなかった。

イスラム教にもユダヤ教、キリスト教いがいの特定宗教の開祖を預言者、と見なす見解が存在するが、ローカルな、一部の異説にとどまる(これを公式教義として明示したのが近代イランにおける後発新宗教であるバーブ教、バハーイー教であると言える)。
前述の通り、クルアーンは「過去の啓典に混ざり込んだ誤謬や改竄(キリスト教の場合イエスの神性や彼が十字架にかかった事などが該当)を直す」という立場をとっている。そのため、ザラスシュトラを預言者として扱うとしても、ゾロアスター教における「女性の天使」は「後世の信徒による誤りの混入」という判定となる。
イスラム教でなくても、「最後の審判や天使観において、ゾロアスター教がアブラハムの宗教に影響を与えた(アブラハムの宗教にはゾロアスター教の要素が残されている)」という言説は宗教学の分野に属するもので、これに同意するのは聖書を自由に解釈するリベラル派のみ。ユダヤ教やキリスト教の伝統的な立場でもない。

女悪魔のことを英語圏ではDemonessといったりするが、Angelessという表記はフィリピンの都市アンヘレス(Angeles)やアメリカ合衆国の都市ロサンゼルス(Los Angeles)と被るためか使用されず、女天使はFamale Angelと呼ばれる。

フィクションにおける女天使

女性の天使の描写はフィクションにおいて顕著である。むしろ天界、天使の概念がある作品で女性の天使がいない例を探すほうが難しいかもしれない。

複数人がいる種族、カテゴリ単位でpixiv百科事典に記載のある例としては以下がある。


関連タグ

使徒 堕天使 悪魔 精霊 妖精 天女 女神 キューピッド 人外
ファンタジー 神話 天国 宗教画 聖書 ソロモン72柱 生命の樹
翼人有翼人 天使の羽天使の羽根 天使の輪 ラッパ
天使のような悪魔の笑顔 天使の笑顔 天使の微笑み 天使の梯子
男天使

他の記事言語

FamaleAngel

関連記事

親記事

天使 てんし

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「女天使」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「女天使」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 357073

コメント