ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

GIレースのひとつで、有馬記念と並ぶ夏のグランプリレース。ファン投票で出走馬を選出する。
阪神競馬場の芝2200m。
だいたい6月第4日曜日の開催で、上半期最後のGⅠレース。発走時のファンファーレは宝塚記念オリジナルでJRAのファンファーレでは年に1回しか使われないものの一つである(他に「名鉄杯」もオリジナルファンファーレで名鉄電車のミュージックホーンをアレンジしたもの)。
「夏」と書いたが、競馬シーズンとしては「春競馬」の締めくくりとして扱われるため「春のグランプリ」という呼ばれ方をする。宝塚記念が終わると主要4場(東京・中山・阪神・京都)での開催は一旦お休みとなり、ローカル場を舞台とする「夏競馬」のシーズンが始まる。

冒頭の台詞は杉本清・元関西テレビアナウンサーの実況が元ネタ。この後「あなたの夢はなんですか?私の夢は○○です」と続き自分の本命馬を表現していた。ただ本命にされた馬にとっては負けフラグ。この中でも、サイレンススズカ無念の予後不良安楽死後に行われた1999年の開催での「あなたの夢はスペシャルウィークグラスワンダーか…私の夢はサイレンススズカです」という台詞はスポーツ実況屈指の名言として有名になっている。

なお、3歳馬も出走出来るが、2021年現在3歳で優勝した競走馬はいない。
その理由として、有力馬の3歳シーズンは日本ダービー優駿牝馬などのクラシック競走が目標となり、ダービーやオークスからでは間隔が短く馬の疲労が抜けきれてないことが殆どであり、基本的にはそのまま休養に入る。
3歳馬の最高記録は2002年ローエングリンが記録した3着である。

日本ダービーやエリザベス女王杯と同様に、日本で最も堅い決着が多いGIの1つ(あくまで堅めであり全く荒れないわけではない)。


歴代優勝馬・鞍上

昭和時代

グレード制導入前(1960~1983)

1960年(第1回) 優勝:ホマレーヒロ(近藤武夫)
1961年(第2回) 優勝:シーザー(伊藤修司)
1962年(第3回) 優勝:コダマ(栗田勝)
1963年(第4回) 優勝:リユウフオーレル(宮本悳)
1964年(第5回) 優勝:ヒカルポーラ(高橋成忠)
1965年(第6回) 優勝:シンザン(栗田勝)
1966年(第7回) 優勝:エイトクラウン(内藤繁春)
1967年(第8回) 優勝:タイヨウ(内藤繁春)
1968年(第9回) 優勝:ヒカルタカイ(野平祐二)
1969年(第10回) 優勝:ダテホーライ(宇田明彦)
1970年(第11回) 優勝:スピードシンボリ(野平祐二)
1971年(第12回) 優勝:メジロムサシ(横山富雄)
1972年(第13回) 優勝:ショウフウミドリ(松本善登)
1973年(第14回) 優勝:ハマノパレード(田島良保)
1974年(第15回) 優勝:ハイセイコー(増沢末夫)
1975年(第16回) 優勝:ナオキ(佐々木昭次)
1976年(第17回) 優勝:フジノパーシア(大崎昭一)
1977年(第18回) 優勝:トウショウボーイ(武邦彦)
1978年(第19回) 優勝:エリモジョージ(福永洋一)
1979年(第20回) 優勝:サクラショウリ(小島太)
1980年(第21回) 優勝:テルテンリュウ(西浦勝一)
1981年(第22回) 優勝:カツアール(樋口弘)
1982年(第23回) 優勝:モンテプリンス(吉永正人)
1983年(第24回) 優勝:ハギノカムイオー(伊藤清章)

グレード制導入後(1984~1988)

1984年(第25回) 優勝:カツラギエース(西浦勝一)
1985年(第26回) 優勝:スズカコバン(村本善之)
1986年(第27回) 優勝:パーシャンボーイ(柴田政人)
1987年(第28回) 優勝:スズパレード(蛯沢誠治)
1988年(第29回) 優勝:タマモクロス南井克巳

平成時代

1989年(第30回) 優勝:イナリワン武豊
1990年(第31回) 優勝:オサイチジョージ(丸山勝秀)
1991年(第32回) 優勝:メジロライアン横山典弘
1992年(第33回) 優勝:メジロパーマー(山田泰誠)
1993年(第34回) 優勝:メジロマックイーン(武豊)
1994年(第35回) 優勝:ビワハヤヒデ岡部幸雄
1995年(第36回) 優勝:ダンツシアトル(村本善之) ※この年は阪神・淡路大震災のため、京都競馬場で開催され、そしてライスシャワー予後不良となった。

あなたの夢は誰でしたか?


1996年(第37回) 優勝:マヤノトップガン(田原成貴)
1997年(第38回) 優勝:マーベラスサンデー(武豊)
1998年(第39回) 優勝:サイレンススズカ(南井克巳)

サイレンススズカの宝塚記念
競馬 サイレンススズカ


1999年(第40回) 優勝:グラスワンダー的場均

グラスワンダーの宝塚記念


2000年(第41回) 優勝:テイエムオペラオー和田竜二)この年に古馬中長距離G1をすべて優勝するという「年間グランドスラム」を達成している。
2001年(第42回) 優勝:メイショウドトウ(安田康彦)テイエムオペラオーのGⅠ連勝を阻止。
2002年(第43回) 優勝:ダンツフレーム藤田伸二
2003年(第44回) 優勝:ヒシミラクル(角田晃一) 単勝2億円を当てた「ミラクルおじさん」が有名になった。

ヒシミラクルの宝塚記念


2004年(第45回) 優勝:タップダンスシチー佐藤哲三
2005年(第46回) 優勝:スイープトウショウ池添謙一

スイープトウショウ


2006年(第47回) 優勝:ディープインパクト(武豊)
2007年(第48回) 優勝:アドマイヤムーン(岩田康誠)
2008年(第49回) 優勝:エイシンデピュティ(内田博幸)
2009年(第50回) 優勝:ドリームジャーニー(池添謙一)
2010年(第51回)出走馬 優勝:ナカヤマフェスタ(柴田善臣)

宝塚記念メンバーをマグカップに入れてみた
ナカヤマフェスタ選手のゴール!!


2011年(第52回) 優勝:アーネストリー(佐藤哲三)

【捧げもの】第52回宝塚記念優勝馬と鞍上。
佐藤哲三騎手


2012年(第53回) 優勝:オルフェーヴル(池添謙一)前年の皐月賞日本ダービー菊花賞有馬記念とあわせて5冠達成

金色の王者
オルフェーヴル


2013年(第54回) 優勝:ゴールドシップ内田博幸) 

ごーるどしっぷ


2014年(第55回) 優勝:ゴールドシップ(横山典弘) 2着:カレンミロティック 3着:ヴィルシーナ ゴールドシップ、史上初の2連覇達成

宝塚記念


2015年(第56回) 優勝:ラブリーデイ川田将雅)ゴールドシップ3連覇ならず→120億円事件
2016年(第57回) 優勝:マリアライト蛯名正義
2017年(第58回) 優勝:サトノクラウンミルコ・デムーロ
2018年(第59回) 優勝:ミッキーロケット和田竜二)17年ぶり悲願の中央GⅠ制覇

2273 宝塚記念 ~ゴール直後の男泣き~



令和時代

2019年(第60回) 優勝:リスグラシュー(ダミアン・レーン)
2020年(第61回) 優勝:クロノジェネシス(北村友一)※新型コロナウイルス感染拡大の為、無観客開催
2021年(第62回) 優勝:クロノジェネシス(クリストフ・ルメール)※前年末の有馬記念と合わせてグランプリ3連覇、史上2頭目の宝塚記念2連覇

関連項目

JRA ファン投票
有馬記念:宝塚記念と有馬記念を同年に優勝すると、「春秋グランプリ制覇」と言われる。

帝王賞:宝塚記念の3日後、6月第4水曜日に大井競馬場で開催されるダートJpn1。

関連記事

親記事

GⅠ じーわん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「宝塚記念」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「宝塚記念」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 571756

コメント