ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

リュツォ・ホルム湾東岸、南極大陸氷縁から西に4kmの東オングル島に位置する日本の南極観測基地。

1957年(昭和32年)に開設。日本初の南極観測基地であり、60年以上にわたって南極における日本の最大の拠点であり続けている。あすか基地(1985年開設)、みずほ基地(1970年開設)が閉鎖され雪中に埋もれている現在では、この他の日本の有人観測拠点は他にドームふじ基地(1995年開設)があるだけ。観測隊員が通年滞在する拠点としてはここだけである。

設備

現在の昭和基地は3階建の管理棟(1992年築)と基本観測棟を中心に、宿舎や発電棟、レーダーなど約60棟が連なる。複数のヘリポート、電離層アンテナ、太陽光パネル、風力発電装置などがある。

昭和基地の建物は初期から現在まで木造プレハブがメインである。これは木質パネルが軽量で断熱性に優れているため。初期には素人である観測隊員が人力で建てなければならないという制約もあったことも理由。重機を持ち込めるようになった現在では、管理棟など一部に鉄骨構造の建築もある。

約60人が長期滞在できる設備をもち、12月から翌年2月まで滞在する「夏隊」と、2月から翌年1月まで滞在する「越冬隊」に分かれ、毎年南極観測船で日本との間を往来する。

気候

大陸から4㎞離れているため、南極にしてはかなり暖かく、夏は気温がプラスになることも多い。それでも冬は平均気温がマイナス20度となり(これでも南極としてはかなり暖かい)、毎日のように地吹雪(ブリザード)が吹き荒れる。

昭和基地が登場する作品

南極物語:樺太犬のタロジロの物語。
宗谷物語
宇宙よりも遠い場所:上記のメイン画像はこの作品より。
けっきょく南極大冒険:スタート地点およびゴール地点として登場。

関連タグ

南極 南極大陸 南極観測船 宗谷(船)

関連記事

親記事

南極 なんきょく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「昭和基地」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7823

コメント