ピクシブ百科事典

暁の血盟

あかつきのけつめい

暁の血盟とは、ファイナルファンタジー14:新生エオルゼアに登場する組織である。
目次[非表示]

概要

エオルゼア西方の都市シャーレアンで結成された、あらゆる知識を集積・解読せんとする組織「救世詩盟」を前身とし、エオルゼア十二神の秘跡の探索を目的とする組織「十二跡調査会」を統合して設立された。
英語版では「The Scions of the Seventh Dawn」。

新生編開始の5年前、「カルテノーの戦い」において、蛮神バハムートによる破壊を食い止めようとした賢人ルイゾワが命と引き換えに秘術を発動。
その後ルイゾワの愛弟子である賢人らが、ミンフィリアが発足させた調査会と合流。国家間の垣根を超えて「エオルゼアの救済」を目的とし、エオルゼアが抱える脅威である「蛮神問題」の解決が主な活動となっている。

当初本拠地はウルダハにあったが、その後西ザナラーン・ベスパーベイの「砂の家」に移転。「超える力」を持つ者や協力者を見つけてはスカウトしていた。

新生編中盤、砂の家は帝国軍の奇襲を受け、多くの団員が犠牲となり、主要メンバーが捕虜となってしまった。
だがかろうじて難を逃れた者もおり、終盤に向けて少しずつ組織としての力を取り戻してゆく。

メインクエスト終了後、蛮神問題や帝国軍に対応できる「戦力」を有するとみなされ、国や個人からの活動資金の寄付を通じた影響力の保持など、生々しい思惑が渦巻く事となる。
そこで中立の立場をより明確にするとして、エオルゼア三国から等分に距離のあるモードゥナのレヴナンツトールに「石の家」が新たな本部として設立された。

新生編終盤、ナナモ女王暗殺の嫌疑をかけられた「暁の血盟」メンバーは離散。辛うじて脱出に成功した光の戦士とアルフィノとタタルは、イシュガルドへと「亡命」。
オルシュファンによって「雪の家」と命名された応接間を提供され、全てを失ったアルフィノが再起するきっかけを作り、物語は「蒼天のイシュガルド」へと続く……

蒼天編終了後、行方不明だった賢人や協力者の所在が次々と判明。再び「希望の灯火」はともされる。
ある理由からあえて盟主を定めず、各位が自由意志で参加するという形態に変更。渉外についてはアルフィノが主に担当している。

メンバー




その他のメンバー


  • ムーンブリダ:シャーレアンからの助っ人。ウリエンジェの幼馴染。
  • イリュド:聖アダマ・ランダマ教会の神父。記憶喪失のシドをそれと知らず匿っていた。
  • フ・ラミン:ミンフィリアの養母にしてウルダハの元歌姫。
  • ホーリー・ボルダー:元傭兵。暁では貴重なタンク役。
  • クルトゥネ:ホーリーの相棒。ウリエンジェの勧誘で暁入り。
  • オーカー・ボルダー:ホーリーの弟。「兄様」を追って暁入り。
  • エノル:オーカーに惚れた結果暁入り。兄弟萌え。
  • クレメンス:エノルの妹。姉に対する貴重なツッコミ役。

  • アリアヌ:元クリスタルブレイブ。祖父イジルドールと共に冒険者をしていた。
  • リオル:元海雄旅団→クリスタルブレイブ。主に情報収集と諜報活動を担当。
  • エフェミ:元双蛇党→クリスタルブレイブ。フ・ラミンの後を継ぎカウンターに入る。

  • ア・アバ・ティア:アレンヴァルドの面倒を見ていた。砂の家襲撃で死亡。
  • オリ・ムルシャン:アバと同じくアレンヴァルドを気にかけていた。砂の家襲撃で死亡。
  • ウナ・タユーン:旧版にも登場したが、砂の家襲撃で死亡。

関連タグ

ファイナルファンタジー14:新生エオルゼア エオルゼア

関連記事

親記事

エオルゼア えおるぜあ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「暁の血盟」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「暁の血盟」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 33690

コメント