ピクシブ百科事典

百式指令部多次元艦スサノオ

ひゃくしきしれいぶたじげんかんすさのお

百式指令部多次元艦スサノオはメディアミックス作品『勇者王ガオガイガー』に登場するメカニックのひとつ。
目次[非表示]

概要


 『ガッツィ・ギャラクシー・ガード諜報部』に所属するディビジョンフリートの一隻『ディビジョンⅢ』が分離発進した情報収集指令艦。ガッツィ・ジオイド・ガード時代に活躍した多次元諜報潜水艦の後継艦で、ブリッジである『I.Bルーム』は継承されつつも、開発当初から『ウルテクエンジン』を搭載し、情報収集や情報分析機能を追求した末に水中移動しか行えない欠点を解消させている。

 普段は『GGGオービットベース』にガントリークレーンで接合しており、出動、分離発進時は4つの尾翼部分を折り畳む形で変形、4隻のディビジョンフリートでも最速を誇り、情報収集や偵察だけでなく、中央部から散布されたミラーコーティング粒子を自在に並べ、ウルテクエンジンから集約された『リフレクタービーム』による遠距離からの後方攻撃で支援する(某機動戦士による兵器『ソーラーシステム』と『リフレクタービット』を合わせた代物)。

 原種との木星決戦にはGGG艦隊の旗艦となったが、攻撃を受け過ぎて轟沈。諜報部に所属する隊員『鷲ノ宮隆』も行方知れずとなるが、彼の生死が後々の遠因のひとつに成るのは別物語の挿話で判明する。

基本データ

 英名:DEIVSON Ⅲ SUSANOH
 全長:350.0m
 重量:76000.0t
 積載重量:96800.0t


関連タグ

勇者王ガオガイガー

高速転槽射出母艦イザナギ
万能力作驚愕艦カナヤゴ
全域双胴補修艦アマテラス

物質瞬間創世艦フツヌシ

関連記事

親記事

ガッツィ・ギャラクシー・ガード がっつぃぎゃらくしーがーどおよびすりーじー

兄弟記事

コメント