ピクシブ百科事典

赤根葵

あかねあおい

赤根葵とは、漫画『地縛少年花子くん』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

CV:佐藤未奈子

概要

かもめ学園高等部1年A組、園芸部所属。
八尋寧々とはクラスメートで親友。蒼井茜とは家が隣の幼馴染みである。好きなお菓子はラズベリーパイ、特技は噂の収集。
最近の悩み(6巻時点)は『寧々ちゃんが忙しそう』。

人物

優しくてマイペースな女の子。その容姿は可憐であり、学園の多くの男子生徒が振り返ったり、掃除当番のついでに告白されたり、園芸部にて草木の世話のついでに告白されたりする程のモテクイーンで、『1-A付き合いたい女子ランキングNo.1』
また容姿端麗で、『放課後少年花子くん』では源輝「学園一の美少女」と評される程。
学園の噂をよく知っていて度々寧々に噂を教えており、寧々からは「葵から聞く話は全部現実になってるから有難いが怖くて嫌」と思われる程の的中率。しかし葵本人は怖い話は苦手らしい。

蒼井茜とは幼少の頃からの幼馴染みで、昔から彼に好意を寄せられている。
彼から告白されること3624回(5巻源光の証言時点)だがその告白を断り続けている(断り続けている理由は、もし結婚することになったら名前が蒼井葵(あおい あおい)になってしまうから)。
一見脈が無い様に見えるが、告白の木で茜と山吹檸檬がうっかり結ばれてしまった際にはどんよりしており「まさか山吹くんに走るなんて…」と発言し、『放課後少年花子くん』の小話では寧々・葵・茜・檸檬でこっくりさんを行い、茜が「僕の好きな人は」と質問した際に硬貨が「れもん」の字を示し「茜くん…そうなんだ…」とどこか不機嫌そうな拗ねている様なそんなような態度を取り、弁明する茜に『お幸せに…』と言い残していた(因みに硬貨を動かしていたのは…)。
また5巻の茜の回想において割と満更でもなさそうな台詞と表情をしており、更に12巻の期末試験回では葵と茜のあるものが隣り合っているのを見て笑顔を浮かべていた。
以上の事からもしかして…?と推測する余地はある……かもしれない

期末試験では前代未聞の510点を取っており、生徒会長である輝にも「さすがだね この点数は僕も取ったことがないよ」と褒められている。

可憐で雰囲気もほわほわとしている様に感じるが、茜の告白に対し「いや♡」「ムリ♡」「そっか♡」とにこやかな顔で返しており、告白に点数をつけたりとなかなかに容赦がない
また、寧々に相談を聞いてもらおうとした時には、寧々が怪異絡みで忙しかった故にタイミングが合わず聞いてもらえなかったからか、まず壁ドンで逃げ場を塞ぎ、じりじりとにじり寄り、ムカデを顔に近づけて脅…約束を取り付けた
この事に関して寧々は「あ…葵って時々こうやって…人の心臓を強引にときめかせに来るのよね…」と言っている。

意外な関係性

実は輝ともよく絡んでおり、『放課後少年花子くん』ではコンビニで葵がレジの店員に迫られているところを輝が助け、輝が「じゃ 貸しひとつだね~」と葵に言い放ち、夜の公園で二人で知育菓子を作るなどの学園のツートップらしくないデート(?)をしたり、作者のあいだいろのTwitter上では、バレンタインチョコを葵が茜に渡そうとしたところ、茜が女子生徒に告白されている所を目撃し葵がチョコを捨てようとした所に輝が「捨てるならちょうだい」とチョコを要求して、仕方なく葵がコンビニチョコを輝に渡したら、輝が茜に「赤根さんからチョコもらった? 僕はもらったけど…」と茜を煽り茜を憤死させたと綴られている。




以下ネタバレ






















カンナギの娘

実は赤根家は、生贄となる娘を育てる代わりにかもめ市で一定の地位を得ていた家系である事が14巻で明かされており、葵本人は知らなかった。
そこから七不思議六番が13巻で「ああ きみはあの時の きみさえいれば―」と目を付け、葵を拉致していった。
拉致されてから葵は三々九度の盃に注ぐ霊薬を飲み、迎えに来た茜達に大ムカデに乗り蛾の様な生き物を飛ばし、花子くんと寧々を一度入ったら戻れないとされる穴に突き落とし、茜の腹部を刺すなどして迎えに激しく(激しすぎる気もするが)抵抗した。
その後怒涛の少女漫画的展開が続くのだが…

続きは自分の目で確かめてみよう。

願い

葵は13巻で茜に

「私 ずっとね とおーくに 行きたかったの!」
「それが私の 願い事……」

満面の笑みで打ち明けていた。
みなさんはこうなる前に心の疲れを感じたら誰かに打ち明けよう。

葵の抱えていた深い??

葵は先程述べたように学年一の美少女であり、そのモテっぷり故女子生徒から嫉妬が原因で「男好き」などの陰口を叩かれる描写もあり、彼女の元の卑屈独りよがりな部分も重なってか彼女を誰よりも愛しているあの人に対しても、「私と本気で付き合うつもりなんてないでしょ」と言い放ち、「もう誰の近くにもいたくない さよなら」と伝え一人で彼岸の彼方へ行こうとしていた。

葵の心の闇に対してあの人「誰も本気で君と関わってくれないのは 君が誰とも本気で関わろうとしないからでしょ」と厳しい事を言っている。

彼女のプライドのせいか、はたまたずっと無自覚だったのか、ずっとあの人への想いをひた隠しにしていた。

……かなり癖の強いツンデレである。

余談

『不良とメガネと恋と戦争』

Gファンタジーの勝ち抜きマンガ賞「ほぼ8マンガバトル」にて掲載された花子くん連載開始前の読み切り作品で、『地縛少年花子くん』5巻に収録されている。

この作品には蒼井茜・山吹檸檬・赤根葵が登場しており、容姿は殆どそのまま、関係性の一部が『花子くん』の方に引き継がれている。
作品内の葵は惚れっぽく、バスケ部やスマートで優男な秀才に惚れたりしている。また「ワイルドで男らしくて ちょっとワルっぽいところにドキドキしちゃう」という理由で檸檬の事を好きになっている(『花子くん』では普通にクラスメートの関係)。
また幼児体型である事を気にしている様子も見られ、『花子くん』では本人が発言したり受けたりした訳ではないが、某人物「あの子って意外と胸ないね」と言われている。

関連イラスト

あおちゃん
Mote Queen!


葵ちゃん



関連タグ

地縛少年花子くん 蒼井茜 八尋寧々 源輝

関連記事

親記事

地縛少年花子くん登場人物一覧 じばくしょうねんはなこくんとうじょうじんぶついちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「赤根葵」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「赤根葵」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 793012

コメント