ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

CV:堀江瞬

アニメ『さらざんまい』の登場人物。主役3人組の一人。

一稀の幼馴染。一稀がサッカー部にいたころ、2人は“ゴールデンコンビ”だった。
(公式サイトより)
プロフィール

誕生日5月28日
星座ふたご座
身長158㎝
体重45㎏
血液型AB型
好きな色(イメージカラー)黄色
好きな食べ物コロッケ
苦手な食べ物生卵
姉は中学のクラスの担任でもある陣内音寧
小説版によると帰国子女であり、小学校の頃はそれゆえに周囲から浮いた存在となっていたところ手を差し伸べてくれた一稀と仲良くなる。
現在は誰とでも仲良く接することが出来る朗らかな少年。しかし、友達が出来なかった過去を引きずっている様子もある。
最近、彼がよそよそしくなったのに戸惑いを隠せないようで…

秘密(漏洩注意)

以下ネタバレ
























彼の漏洩は主に一稀に関するものである。
2皿目終盤にて彼は一稀に友情とは異なる感情を抱いていることが判明。

しかも一稀の服の匂いを嗅ぐ、縦笛を口に加える気絶している一稀にこっそりキスをするなど、行動はストーカー認定される程にエスカレートしていた。
そして一稀と再び“ゴールデンコンビ”を組むことに執着しており、度々そのことを妄想しているが当の一稀はサッカーと決別した上に悠と共犯者と言えるような危険な連帯感を深めていき、報われない。
それでも一稀を見捨てず、6皿目では悠と共に春河を拉致されて自暴自棄になった一稀を兄弟共々救出することに成功する。

無事に一稀は悪事から足を洗い、サッカーへ戻る決意を固めたものの、悠が自分たちの間に入ってくることを受け入れられない燕太は一稀が悠ばかりを気にかけることに焼きもちをやき、一稀との思い出のサッカー場に落書きをしたり、悠の願いを叶えさせないために希望の皿を盗んだりして妨害工作を行う。
結局ゾンビとの戦闘で呆気なく露呈し、3人の仲に亀裂を入れる結果に終わる。

後日悠の兄・誓と出会った燕太は悠の本当の思いを知り、希望の皿を元の場所に返そうとするが一歩遅く間に合わなかった。燕太の感情任せの妨害で悠が去ったことを一稀から厳しく責められ、燕太も一稀が悠に関わる大事な思い出を忘れたことを怒り、悠の本当の思いを伝えようとした。しかし燕太に失望した一稀は聞く耳を持とうとせず、遂に『絶交』を言い渡されてしまう。

そこに、希望の皿を奪いにきた新星玲央阿久津真武が現れる。
玲央は一稀に向けて発砲するが、一稀を庇って燕太が撃たれ生死の境を彷徨うことに・・・。


補足

燕太の一稀への想いについて、実際に本人が恋愛感情と認識している故多くの視聴者が彼が同性愛者だから一稀に惹かれたと考えただろう。
この部分については公式に見解が示されており、結論から言えば燕太は正真正銘の同性愛者とは言い切れない。完全版シナリオでは女子に興味があることを仄めかす文章が有り、更にミギー氏による公式漫画の第7話(アニメ3話に相当)でははっきりと、

「女の子は可愛いと思う」
「苦手意識があるわけでもない」
「女の子に興味があるし今まで男を好きになったことはない」(同級生達とAVらしき物を観ながら)

とモノローグで示された。
性自認が定まっていない時期故の行動、或いは一稀と出会うまで友人と呼べる存在が居なかった事から彼に対して依存しきっていたことを拗らせての行動、等と考えられる。

なお一稀のことを自分より上の立場とみている節があり、彼に強く出られない傾向があった。一稀が刑法に触れる行為までして春河を騙していたことが発覚したときに悠からは「友人ならお前が止めるべきであった」と責められた。
警官コンビに撃たれる直前の大喧嘩で初めて一稀に対して言い返すことが出来、そこから完結に向けての台詞を聞けば段々と対等な立場で向き合おうとしていることが見て取れる。

ちなみに彼が死の淵に立たされ、3人がばらばらになった8話のサブタイトルは『つながりたいけど もう会えない』であった。

ちなみにストーカー行為についても完全版シナリオではっきり「一稀に訴えられたら刑事責任が追求されるだろう」という旨が書かれている。更にキャラクターソングでは本編より更に常軌を逸した行為をしていることが示唆されている。覚悟を決めた人のみ歌詞を調べてみよう。

関連タグ

さらざんまい 眼鏡 アホ毛

関連記事

親記事

さらざんまい さらざんまい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「陣内燕太」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「陣内燕太」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2408357

コメント