ピクシブ百科事典

巨大風船に入った南千秋の愛称、この姿でも「バカ野郎」の台詞も健在。

関連記事

親記事

風船乙女 ふうせんおとめ

兄弟記事

コメント