ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「……一つ掘っては金のためー 二つ掘っては国のためー 三つ掘っては憎しみのため……」


「石油に纏わる喜悦も利便も呪詛も憎悪も欲望も全て・・」

「一滴残らず私のもんだ! 人間なんかにくれてやるものか!」


概要

有機体全てのメメント



種族饕餮
登場作品東方剛欲異聞 ~ 水没した沈愁地獄
二つ名無敗の剛欲同盟長
能力何でも吸収する程度の能力
テーマ曲強欲な獣のメメント 有機体全てのメメント ~Memory of Fossil Energy.

畜生界の組織である剛欲同盟の同盟長を務めている。
剛欲同盟は埴安神袿姫から「プライドだけが高く実力は他に劣る」と評されているが、同盟長自身の実際の実力はあえて自分を小さく見せているだけで、畜生界でも向かうところ敵無しとされる程の強力な実力の持ち主。部下からは「無敵に等しい能力を持っていて、頼りになりすぎるボス」と慕われている。
そしてその実力を持ちながら賢く冷静で無駄な争いは避ける性質を持っている。敵と相対した時も脅しても通用しない場合は抱き込む事を検討し、それも駄目なら表面的でも協力関係を結ぶことを試み、それも難しいと判断した場合は早々と撤退するといった行動を取って、無闇に争いを起こそうとはしない。またこの性質は彼女の率いる剛欲同盟のモットーが漁夫の利であることからも窺え、他の組織には不誠実かつ卑怯な手段が大好きだと倦厭されている。
饕餮本人は部下を持つ事に執着せずに何でも自分で行動する事を好んでいるようで、部下達もこれに感化されてか自分達で勝手に行動する者が多い。

東方鬼形獣』の頃から存在を匂わせていたが『東方剛欲異聞』から本格的に登場。東方鬼形獣で動物霊達が埴安神袿姫打倒のために活動している最中、その騒ぎに乗じて饕餮は旧地獄の地底深くに眠っていた石油の海に目を付けていた。その石油を自身の組織のために全て独り占めし、集めた石油を使って畜生界のみならず地上の欲を全て自らの物にしようと目論んだ。
石油を封じに来たor利用しようとする自機勢の事を石油を奪い取ろうとする泥棒だとして攻撃を仕掛けてくる。
ただ本人の談では、石油の地上流出事件には関わっていないとの事だが…

種族

饕餮

子羊の姿の神獣。中国神話の怪物でもある。
貪欲で大食漢で、実体霊体、有機体無機体問わずに何でも丸呑みにして食べてしまう。
体は牛か羊で、曲がった角、虎の牙、人の爪、人の顔を持つ。
『饕餮』という名前の「饕」は財産を貪る、「餮」は食物を貪るという意味を持つため、何でも食い尽くす魔獣として言い伝えられている。

中華の凶象「四凶」の一角。
三皇五帝の一人である舜帝の子息あったが、度重なる横行が災いして他の四凶ともども世界の果てへと流刑に処された。一方でその凶暴さゆえに「毒を以て毒を制す」として、さらなる外界から来る脅威への対抗勢力としても機能する。
饕餮はその無尽蔵の貪食ぶりから、同じ魔性さえ食らうとされ、青銅器の魔除けの「饕餮文」という紋様としてなどに描かれた。

能力

何でも吸収する程度の能力

饕餮 尤魔


部下曰く「無敵に等しい能力」。
物体はおろか力や欲と言った実体のない物まで、ありとあらゆる物を呑み込んで貪欲に吸収してしまい、その上呑み込んだ物を理解して自分の力にしてしまう。

彼女自身も貪欲の塊そのものであり、欲がある限り再生するため滅する事は実質不可能らしく、攻撃すらもその貪欲さ故に吸収してしまうため、正攻法では倒す事すらできず、正に無敵に等しい能力と言える。

ただ吸収した物は性格にも影響を与える為、『東方剛欲異聞』では話の通じにくい狂暴な性格となっていた。

また、考察としてその能力の性質上、『東方鬼形獣』でも袿姫の偶像も吸収する事で打倒出来そうなものだが、ライバル派閥を含めた他の動物霊に対応を丸投げしていたのは、恐らく偶像を吸収した時に自身の性格に及ぶ悪影響を及ぼす恐れがあったのが理由の一つではないか?とファンの間で考えられている。偶像を自身の能力で倒すだけなら容易いだろうが、袿姫の作った偶像である以上、取り込んだ結果、最悪袿姫に従順な言いなりになって結局負けるリスクは十分に考えられる。

容姿

ゆうまちゃん
饕餮尤魔立ち絵 表情差分


頭には青いリボンを巻いた真っ赤な羊のツノを持ち、髪の色は白色、髪型はモコモコとした羊毛のように癖っ毛の強いセミロング、そして目は赤色で、羊のような横長の黒目を持っている。
背が低く(ドット絵では霊夢よりも背が低い)、幼い少女のような姿ながらギザギザとした歯とリング状のピアスを付けたエルフ耳が特徴的で、上記の羊のような特徴も相まって中国神話に語られる饕餮らしい凶悪そうな顔つきをしている。
服装は饕餮文の入ったワンピースのような衣装で、その下に赤色の肩出しインナーを着用している。
ちなみに裸足である。
また手には自分の背丈よりも大きい巨大な先割れスプーンを持っており、これをスコップのように扱ったり、振り回して武器として扱う。
余談だが描き手によっては尤魔の瞳にハイライトが入らない事がある。というのも原作グラフィックではハイライトが小さく描かれており視認し辛いため。また、スプーンの柄尻にも饕餮文の彫金がされているが、通常 ―スプーンを片手で持っている方― の立ち絵では柄尻が見切れて視認できないために描かれないことが多い。

スペルカード

採取「世界の在り方を変える黒い水」
蒸留「強引で未熟な蒸留装置」
剛欲「この世に存在してはならない暴食」
採血「ガイアの血液」
精錬「呪われた血液の追憶」
「剛欲な獣神トウテツの夕餉」
「お腹を空かせたグリードモンスター」

余談

『鬼形獣』から剛欲同盟の長が饕餮である事だけは設定テキストにより判明していたが、饕餮本人は登場していなかった。
そのため、公式に饕餮尤魔が登場するまでの間、様々な想像上の饕餮の絵が描かれた。
詳細はイマジナリー饕餮を参照。

関連タグ

東方Project 東方剛欲異聞
剛欲同盟
吉弔八千慧 驪駒早鬼:ライバル組織の組長
勁牙組 鬼傑組:尤魔のライバル組織
イマジナリー饕餮

グループ

三組長

黄昏フロンティアボスの系譜

依神紫苑/依神女苑饕餮尤魔→???

関連記事

親記事

東方剛欲異聞 とうほうごうよくいぶん

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「饕餮尤魔」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「饕餮尤魔」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1934117

コメント